防具厳選のススメ

2016年06月09日 [ゲーム]

現状最高の数値を誇るギアスコア240の防具が獲得しやすくなった、1.2パッチ。
今回の記事ではより高いステータスを目指すのに役立つ、防具の厳選指針を解説します。

防具厳選のススメ

即売却を検討すべき前提

防具は分解しても使いどころの少ない「布」にしかならないため、分解ではなく売却します。
そうすることで装備の厳選に不可欠となる、再調整の費用を獲得します。

・基礎特性が電子機器に付与されている

 電子機器の値は、スキルパワー特化のプレイヤーでない限り不要です。
 この項目に該当している場合、メイン特性やサブ特性の変更が必要無い限り売却します。

・基礎特性が下限値に近く、メイン特性もしくはサブ特性に再調整が必要である

 240のギアスコアで基礎特性が平均値の616を下回る場合、その防具はハズレです。
 メイン特性やサブ特性が良い場合は、基礎特性を再調整して上限値の678を目指します。

 関連記事:アーマーと基礎特性の上限値一覧

・不必要な特性が2箇所以上ある

 再調整はそのシステム上、1箇所しか変更できません。
 不必要な特性が2箇所ある場合は片方が残ってしまうため、これも売却項目に該当します。

厳選目安一覧

1つ該当すると売却候補。
2つ該当すると売却です。

basic-status

・基礎特性が「電子機器」

・ボディアーマーで「アーマー」がない
・ボディアーマーで「HP」および「キルXP増加」がある

・マスクで「HP」「スカベンジング」「キルXP増加」のうち2つがある

・ニーパッドで「アーマー」がない
・ニーパッドで「HP」「スカベンジング」「キルXP増加」のうち2つがある

・グローブで「ピストルダメージ」がある

・バックパックで「アーマー」がない

・ホルスターで「アーマー」がない
・ホルスターで「基礎特性」が2つしかない

ボディアーマー

必ず必要な特性は、防具の中で加算値が最も大きい「アーマー」です。
1.2パッチ以後、アーマーの最大値が75%になりました。

アーマーの値を増やせば増やすほどタフネスが上昇し、生存できる可能性を高められます。
ダークゾーンでは死亡するとその場にアイテムを落としますから、まずタフネスの値を重視します。

これまで軽視されていたHPは、アーマー最大値が上昇したことで僅かに価値が上昇。
アーマー75&に上限のHP3390が付与された場合、上昇するタフネスは13560にもなります。

ちなみに下記全ての表は、240ギアスコアの特性です。

メイン特性×3サブ特性×1
対エリートダメージ 7 ~ 9%キルXP増加 20 ~ 25%
アーマー 553 ~ 678弾薬数 41 ~ 50%
HP 2765 ~ 3390
キル時HP回復 10 ~ 12%
特殊ダメージ回復 12 ~ 15%
対エリート防衛 10 ~ 12%
MODスロット

マスク

マスクにはバックパックと同じく、メイン特性に「スキルパワー」が存在します。
スキルパワーは電子機器を上げて増やすのではなく、マスクとバックパックで増やしましょう。

メイン特性×1サブ特性×1
クリティカル率 4 ~ 5%敵アーマーダメージ 6 ~ 7%
対エリートダメージ 10 ~ 12%炎上耐性 11 ~ 14%
HP 2079 ~ 2549混乱耐性 11 ~ 14%
キル時HP回復 10 ~ 12%視聴覚ダメージ耐性 11 ~ 14%
特殊ダメージ回復 12 ~ 15%スカベンジング 20 ~ 25%
スキルパワー 4158 ~ 5098キルXP増加 10 ~ 12%
MODスロット

ニーパッド

付与されていたほうが良い特性は「アーマー」です。

アーマーの加算値は240のギアスコアで246~339と、他の防具に比べると少なめ。
しかしアーマーが加算される防具は4つに限られているため、ここでアーマー値を稼いでおきます。

ちなみに、キルXP増加とスカベンジングが両方付与されているとハズレ。

前者はダークゾーンランク99到達までは有用ですが、それ以降は無意味な特性です。
スカベンジングもPvPを行うのであれば、異常状態への耐性にするべきでしょう。

メイン特性×2サブ特性×3
クリティカルダメージ 16 ~ 20%敵アーマーダメージ 8 ~ 10%
対エリートダメージ 5 ~ 6%ショック耐性 23 ~ 29%
アーマー 276 ~ 339炎上耐性 23 ~ 29%
HP 1382 ~ 1695混乱耐性 23 ~ 29%
特殊ダメージ回復 9 ~ 11%視聴覚ダメージ耐性 23 ~ 29%
対エリート防衛 5 ~ 6%電波妨害耐性 23 ~ 29%
MODスロット出血耐性 110 ~ 135%
スカベンジング 83 ~ 102%
キルXP増加 41 ~ 50%

バックパック

バックパックにもマスクと同じく、メイン特性に「スキルパワー」が存在します。
アーマーも捨てがたいですが、バランスの良いステータスを目指すならスキルパワーを選択します。

メイン特性×1サブ特性×1
クリティカルダメージ 16 ~ 20%炎上耐性 11 ~ 14%
アーマー 414 ~ 508電波妨害耐性 11 ~ 14%
スキルヘイスト 10 ~ 12%出血耐性 55 ~ 67%
スキルパワー 5530 ~ 6780弾薬数 41 ~ 50%
シグネチャースキル効率上昇 10 ~ 12%

グローブ

他の防具とは違い、武器ダメージに直結する特性が付与されます。

ピストルダメージと、使わない武器のダメージ増加が付与されているとハズレ。
さらにクリティカル率の上限は60%となっているため、あまり有用ではありません。

ちなみにメイン特性は、下記から3つ付与されます。

・クリティカル率 5.5 ~ 7%
・クリティカルダメージ 33 ~ 40%
・SMGダメージ 414 ~ 508
・アサルトライフルダメージ 553 ~ 678
・ショットガンダメージ 553 ~ 678
・LMGダメージ 553 ~ 678
・ピストルダメージ 553 ~ 678
・マークスマンライフルダメージ 1940 ~ 2379
・対エリートダメージ 10 ~ 12%
・キル時HP回復 10 ~ 12%

関連記事:ダメージを最大化する特性とは

ホルスター

他の防具とは違い、基礎特性が銃器・スタミナ・電子機器の3つに付与されます。

そのため2箇所しか基礎特性がないホルスターは、その時点でハズレ。
なぜなら基礎特性の数値は再調整できても、基礎特性の数自体を増やすことはできないからです。

メイン特性は基礎特性が3箇所の場合に下記から1つ、2箇所の場合に下記から2つ付与されます。
また他の防具では1つしか付与されないスキル特性も、バックパックのみ2つ付与されます。

・ピストルダメージ 276 ~ 339
・アーマー 414 ~ 508
・対エリート防衛 5 ~ 6%
・スキルヘイスト 7 ~ 9%

理想的な特性一覧

生存率を重視した場合に必要となる組み合わせです。
右の数値は、その特性における上限値です。

特殊ダメージ回復は、物理攻撃を除くほぼ全てのダメージを減少してくれます。
この特性を100%にすると、凶悪な火炎放射器やショックドローンのダメージも0になります。

またマスクとニーパッドのサブ特性のうち1つに、敵アーマーダメージを選択するのも有効。
炎上耐性や出血耐性は、PvPにおいて状態異常の時間を減少させるために必要です。

そのほか240ギアスコアにおける基礎特性は、6つの防具すべてで同一。
下限値が553、上限値が678、平均値が616です。

防具の部位メイン特性サブ特性
ボディアーマーアーマー 678弾薬数 50%
特殊ダメージ回復 15%
MODスロット
マスクスキルパワー 5098炎上耐性 14%
ニーパッドアーマー 339炎上耐性 29%
特殊ダメージ回復 11%電波妨害耐性 29%
出血耐性 135%
バックパックスキルパワー 6780炎上耐性 14%
グローブクリティカル率 7%
クリティカルダメージ 40%
SMGダメージ 508
ホルスターアーマー 508

参考サイト:The Division Gearing Cheat Sheet


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ