サウンド・バリアの使い方

2016年09月09日 [ゲーム]

ルシオのアルティメットスキルである、アーマー増加効果を持つサウンド・バリア。
今回の記事ではこのスキルの特性と、2種類の使用方法について解説します。

サウンド・バリアの効果

発動することで、アーマーを500増加させるスキルです。
増加したアーマーは発動直後から減少していき、6秒後に無くなります。

sound-barrier-guide-1

ただし6秒経たずとも、敵の攻撃を受けることで当然減少する仕様。
「6秒間は大丈夫」だと油断していると、すぐにキルカメラを眺めることになります。

これがサポート枠のアルティメットスキルにおいて、ゼニヤッタに劣ると言われる所以です。

サウンド・バリアの使い方

サウンド・バリアには、攻撃と防衛の2種類の使い方があります。

攻撃編(ラッシュ)

スピードブーストと組み合わせる、最も使用頻度が高い運用方法です。

アーマーが大幅に増えることで生存力を高め、敵の集団を一掃できることが特長。
使用タイミングには先出しと後出しの2種類があり、こちらも状況により選択します。

先出しの利点はアーマーを増やした後で敵と相対するため、ULTの失敗がないこと。
欠点は敵と相対するまでにアーマーが減少しており、バリアの効果を最大限活かせないことです。

lusio-sakidashi

対して後出しの利点は、バリアの効果を最大限活かせること。
欠点は敵と相対してから使用するため、バリアが発動できず多々全滅することです。

lusio-atodashi

どちらにも利点と欠点はありますが、自身は後者で運用することが多いです。

防衛編(カウンター)

敵のULTを見てサウンド・バリアを発動する、味方の全滅を防ぐことを目的とした運用方法です。

継続してダメージを与えるULTに強く、退避するまでの時間が稼げます。
しかしその反面、一撃で高ダメージを与えるULTに弱く、増加したアーマーごと破られます。

各ヒーローとの相性が下記の表で、○が有効、△が状況により有効、×がほぼ無意味。
発動後に効果が減少していくため「自信を持って有効」だと言えるULT対策はありません。

ヒーロー目安備考
D.Va×高ダメージのため無意味
アナ時間稼ぎ
ウィドウメイカー×スキルの特性から無意味
ウィンストン時間稼ぎ
ゲンジある程度有効
ザリア敵の攻撃が重ならない限り有効
シンメトラ×スキルの特性から無意味
ジャンクラット×高ダメージのため無意味
ゼニヤッタ×スキルの特性から無意味
ソルジャー76退避するまでの時間稼ぎ
トレーサー×高ダメージのため無意味
トールビョーン退避するまでの時間稼ぎ
ハンゾー退避するまでの時間稼ぎ
バスティオン退避するまでの時間稼ぎ
ファラ退避するまでの時間稼ぎ(ただしバリア発動まで間に合わないことも)
マクリー×ほぼ無意味(ただしロック時間を延長できるという話も)
マーシー×スキルの特性から無意味
メイ氷結から解凍までの時間稼ぎ
ラインハルトスタンから復帰までの時間稼ぎ
リーパー退避するまでの時間稼ぎ(ただしバリア発動まで間に合わないことも)
ルシオ×スキルの特性から無意味(カウンターで喧嘩するならあり)
ロードホッグある程度有効(ただしノックバックには抵抗できない)

ラッシュ対策

サウンド・バリアは、タイミングにより大きな効果を持つスキルです。
しかし防衛より攻撃時に使うほうが、やはり相性が良いと考えます。

そのため防衛(カウンター)では利用せず、あえてゲージを温存するのも一手。

また敵のルシオが先出しでラッシュをしかけて来た場合には、相手にせず逃げましょう。
このときスピードブーストを利用して後退することで、敵のサウンド・バリアを無駄にできます。

lusio-counter-1

無事に敵の攻撃を凌いだら、今度はこちらの番。
早めにラッシュに気づいて後退できていれば、アンプ・イット・アップの温存も可能です。

lusio-counter-2


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ