LSW4-GT-5EPL/WH ギガビット対応5ポートハブ レビュー

2017年07月09日 [日記]

スタイリッシュなデザインを採用した、5ポートスイッチングハブのLSW4-GT-5EPL/WH。
今回の記事ではGiga対応ポートやおまかせ節電機能を備える、この商品をレビューします。

BUFFALO – スイッチングハブ LSW4-GT-5EPL/WH

ポイント

LSW4-GT-5EPL/WHの特長

Giga対応
1000Mbps (1000BASE-T)に対応し、高速通信が可能です。
省エネ機能搭載
おまかせ節電や、アイドリングストップ機能を搭載しています。
ファンレス設計
可動部分がなく、高い静音性と信頼性を実現しています。

商品説明


パッケージはBUFFALOらしい赤色ですから、店頭で目に留まりやすい印象です。


パッケージ裏面には安全に配慮した構造や節電機能など、機能面について記載されています。


商品内容はハブ本体とACアダプタ、取扱説明書と滑り止めの4点です。


スイッチングハブの正面です。


スイッチングハブの背面です。


正面上部にはインジケーターを備え、点灯色で接続状態が判別できます。

緑点灯:1000Mでリンク中
橙点灯:100Mまたは10Mでリンク中
点滅:データ送受信中
点滅(1秒毎):ループ検知中


スイッチングハブの下部には、放熱用の穴が存在します。


スイッチングハブの背面にはGigaに対応したLANポートを、5つ搭載しています。


付属しているACアダプタです。
電源内蔵ではないため、コンセント差し込み口周辺に少しスペースが必要です。


入力は100~240Vの50/60Hzに対応し、出力は5.3V/1.0Aとなっています。


コンセントの中央には、トラッキング現象を防止するという2本の溝を搭載しています。
しかしこの溝を施しているためか、コンセント根元は保護されていないようです。


スイッチングハブの底面には、壁掛け用の穴と滑り止め用の穴が存在します。


四隅に滑り止めを付けた状態です。

 
今回のスイッチングハブであるLSW4-GT-5EPL/WHの重量は、約112gでした。
(写真の撮り方を間違えましたが、滑り止めの貼り付け前後で重量は変化しませんでした)

ベンチマーク

パソコンAとパソコンBを、LSW4-GT-5EPL/WHのみで接続。
双方の接続には、カテゴリー5 / ケーブル長1mのLANケーブルを2本使用しました。

最大送信速度:648Mbps
最大受信速度:879Mbps

まとめ

コンパクトかつ安価でありながら、ギガビットに対応したスイッチングハブです。
搭載されているLANポートは5つあり、一般的な家庭用向けとして適しています。

また電源はACアダプタを採用し、筐体内部に熱が籠もりにくい設計。
本体は静音性を高めるファンレス仕様になっており、底面から熱を逃がす構造です。

また正面上部に搭載されたインジケーターで、リンク速度や異常接続を認識可能。
各種省エネ機能も充実しており、排熱構造に不安があること以外に欠点はありません。

懸念事項だったリンク速度もベンチ結果を見る限り悪くはなく、長く使えそうです。

    Goodポイント

  • 将来的にも安心できる全ポートGiga対応
  • スタイリッシュでコンパクトなデザイン
  • 筐体内部に余計な熱を排出しないACアダプタ採用
  • ランニングコストを抑えてくれる各種省エネ機能搭載
  • 最大送信速度648Mbps、最大受信速度879Mbpsの高速性
    Badポイント

  • 熱を発散しにくいプラスチック筐体
  • ファンレスによる耐久性への影響
  • トラッキング現象防止が中途半端


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ