【PUBG】 死亡原因反省点まとめ

2017年07月12日 [PUBG]

ドン勝がなかなか安定しない、PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS。
今回の記事では自身のプレイで死亡に直結した行動と、その対策をまとめます。

戦闘系

軸被り

敵が放ったチームメイトへの銃弾が、自身に当たり死亡。

対策:敵が隠れていそうな場所から見て、チームメイトと直線上に位置しない。

出待ち

1階から気配がしたので、2階で出待ちするも死亡。

対策:敵プレイヤーと、可能な限り正面で対峙しない。

ボクシング

序盤で素手の敵プレイヤーと遭遇し、無駄な応戦を試みるもパンチが顎に当たり死亡。

露出

障害物を利用する敵プレイヤーと、相対して死亡。

対策:可能な限り、障害物のある場所で戦闘する。

立ち回り系

エリア外

死亡理由のNo.2。
索敵や戦闘に集中するあまり、パルスに飲み込まれて死亡。

際攻め

エリア外周限界を狙うも、パルスが近すぎて行動が制限され死亡。

対策:パルスから多少距離をとって位置どる。

単独行動

死亡理由のNo.1。
チームメイトから離れ、ひとりで単独行動をとり死亡。

対策:チームメイトと離れすぎない。気絶から復帰できる距離で行動する。

欲張り

エリア外が近いにも関わらず、キルを狙って銃声のした方向に向かっていき返り討ち。

対策:敵プレイヤーを視認できていない状況下では、パルス範囲を一番に意識する。

移動系

座礁

再利用が必要だったボートを砂浜に乗り上げてしまい、その結果エリア外にて死亡。

下敷き

高速で回転するバイクに巻き込まれる。

対策:乗り物からの降車は、スピードを落としてから行う。

トリカゴ

車を見通しの良い場所に止めてしまい、2方向から別分隊に囲まれる。
その後、被ダメージ回避のため車を盾にひとり逃亡を図るも死亡。

――チームメイトはこの後脱出に成功する。

対策:射線が通りやすい場所は避ける。劣勢でもチームメイトと連携して動く。

ハマリ

バイクでマップギリギリを走っていたところ、岩に掴まれ移動不能に。

対策:バイクで岩の周辺に近づかない。

待ち伏せ

車でエリア外ギリギリを走っていたところ、待ち伏せに遭い全滅。

対策:障害物の存在しない、もしくは障害物の少ないエリア外周への接近を避ける。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ