PUBGのボタンズレを直す方法

2017年06月12日 [PUBG]

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDSの操作中、ボタンのズレを感じたことはありませんか?
今回の記事ではボタンズレの原因と、その問題を解消する対策方法について解説します。

ボタンズレとは?

ボタンを押そうとしても、ボタンの少し下や右を押さないと反応しない状態のことです。
この状態ではシステム画面の操作だけでなく、アイテム欄の操作でもズレが起こります。

ちなみにボタンズレが起こる原因は、デスクトップにあるタスクバーの位置にあります。
このような標準の位置以外に設定している場合は、あらかじめ対策しておきましょう。

ボタンズレの原因

前述したように、ボタンズレはタスクバーの位置によって起こります。

タスクバーが左にある場合は、ボタン反映位置が右に。
タスクバーが上にある場合は、ボタン反映位置が下になります。

ただしタスクバーが下と右にある場合には、ボタン位置は画像通りです。
そのためタスクバーを左か上に設定している場合、PUBGの起動中のみ変更が必要です。

もし対策を忘れてPUBGを起動しても、起動後にデスクトップへ戻って操作すれば大丈夫です。

ボタンズレの対策

ボタンズレへの対策方法はシンプルで、タスクバーを下か右にしておくことです。

 

タスクバーを移動する方法は、まずタスクバーの何もない位置を右クリックします。
つぎに「タスクバーを固定する」にチェックが入っていないことを確認します。

そしてタスクバーの何もない位置を左クリックし、ドラッグで下や右に移動させます。
タスクバーを固定したい場合は、「タスクバーを固定する」にチェックを入れておけば完了です。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ