ウォーカー・アサルトのルール

2015年10月14日 [SWBF]

2015年11月19日に発売が予定されている、Star Wars バトルフロント。
今回の記事では最大40人での戦闘が楽しめる、ウォーカー・アサルトのルールを解説します。

ゲームの流れ

WAVE 1 → WAVE 2 → WAVE 3 → 勝敗判定(ここまで到達すると、まず反乱軍の敗北)

walker-assault-rule-01

各WAVEの終盤、反乱軍のYウイングがAT-ATを爆撃し始めます。
YウイングがAT-ATを爆撃するとシールドが剥がれ、AT-ATの無敵効果が消失します。

Yウイングによる爆撃時間は、反乱軍が通信施設を防衛した時間が長いほど増加します。
そのため反乱軍が通信施設を無視していると、勝利できる可能はまずありません。

反乱軍の勝敗条件

勝利:2機存在するAT-ATを、WAVE 3が終わるまでに両方とも破壊する
敗北:AT-ATを反乱軍の本陣まで到達させる

指針:通信施設を有効化したのち維持して、Yウイングが爆撃中にAT-ATへ攻撃する

帝国軍の勝敗条件

勝利:AT-ATを反乱軍の本陣まで守りきる
敗北:2機存在するAT-ATを、両方とも破壊される

指針:通信施設に反乱軍を近づけず、有効化されたら通信施設に接近し無効化する

通信施設について

マップ上には各WAVEで2つずつ、通信施設が出現します。
この通信施設は重要な役割を担っており、ラウンド勝敗に密接な関係があります。

反乱軍と帝国軍で通信施設への対応が違いますから、ラウンド中の状態を必ず意識しましょう。

反乱軍がすべきこと

反乱軍はまず、通信施設を有効化しなければなりません。

walker-assault-rule-03

通信施設を有効化するには、接近してEキー長押しです。

walker-assault-rule-04

通信施設が有効化されたら青いマークに変わりますから、あとは防衛するだけです。

walker-assault-rule-05

青マークの周囲に存在するゲージが貯まるたび、Yウイングの爆撃時間が増加します。

walker-assault-rule-02

このYウイングは各WAVEの終盤で出現し、爆撃することでAT-ATのシールドを破壊します。

walker-assault-rule-06

反乱軍はAT-ATが無防備になったタイミングで集中攻撃を行い、AT-ATの破壊を目指します。

つまり通信施設を長く防衛するほどAT-ATに攻撃できる時間が増し、勝利が近づくということです。
ルールを理解したプレイヤーが協力した場合、WAVE 1でAT-ATを破壊することも難しくありません。

ちなみに有効化した通信施設を帝国軍が操作すると、無効化されてしまいます。
その場合は再度接近して、Eキー長押しで通信施設を有効化します。

帝国軍がすべきこと

通信施設を有効化しようとする反乱軍に対し、帝国軍はそれを妨害しなければなりません。
ラウンドが始まったら迅速に前線を上げ、反乱軍が通信施設に接近しないようにします。

walker-assault-rule-07

例え反乱軍に通信施設を有効化されても、赤いゲージが上がりきるまでに対処すれば大丈夫です。

walker-assault-rule-08

通信施設を無効化する方法は、反乱軍と同じく接近してEキー長押しで行います。

walker-assault-rule-09

ちなみに通信施設が白くなっている場合は中立状態ですから、無効化は行えません。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ