ゲーム向けのキー&マウスコンフィグ一覧

2014年04月27日 [環境論]

この記事ではBattlefield 4におけるキーコンフィグと、割り当ての意味を解説します。

まずマルチプレイにおいて重要となるのは、初期設定でプレイしないこと。

初期設定では著しく効率が悪く、より良い成績が残せません。
下記の例に倣い、自分だけのキー&マウス設定を確立しておきましょう。

キーボード設定

key-game-2

まず欠かせないのは、武器&ガジェットの切り替え操作です。
必ずホームポジションとなるWASD付近に配置し、時間のロスを無くしましょう。

私の場合はRに攻撃系のガジェット、Cに支援系のガジェットという分類で設定しています。
(例:R=グレラン・ロケット・C4・センサー C=救急パック・地雷・弾薬箱・ビーコン)

またスプリントはW×2で代用することができるため、Shiftにもキー割り当てが可能です。
W×2に抵抗を感じない方はこの設定に変えることで、割り当て可能なキーを1つ増やせます。

利用している方が多いであろうCtrlは私にとって押しにくく、使用したことがありません。

そしてチャットはマウスに近い、テンキー部分に移動。
左から対象順に並べておけば、スムーズにチャットの起動が行えます。

ちなみにキーボード中央のリロードは基本的に使いません。
ホイールクリックのリロードでは長押しが反応しないため、装備の拾得時にのみ利用します。

マウス設定

私のセンシは180°振り向き約2cmかつ、手の移動が面倒臭いため常時手首固定というスタイル。
ただし実績を残しているハイセンシのプレイヤーを知らないため、オススメできない設定です。

mouse-setting

割り当てているキーは搭載しているボタンの数に比例せず、伏せ・全体マップ・リロードのみ。
キー認識の信頼性に劣るホイールや、マウスによって場所が変化する追加キーは利用しません。

最後に多用するしゃがみはフットスイッチに割り当て、逆タイムクライシス仕様です。

関連記事1:ロジクール ゲームソフトウェアの設定方法
関連記事2:ルートアール RI-FP1BK USBフットペダルスイッチレビュー


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ