完全無料でお試し可能なプロバイダのインターリンク体験記

2014年12月01日 [環境論]

FPSゲームをプレイする上で重要なpingに大きく左右する、プロバイダの選択。
現在私の契約しているプロバイダが夜間ありえない速度になるため、インターリンクを試してみました。

インターリンクとは、最大60日の無料期間(最大2ヶ月無料)を提供しているプロバイダです。

他の主要なプロバイダも無料期間を提供していますが、あくまでもその特典は年契約をするからこそ。
うっかり気軽に契約して無料期間中に解約しようとすると、数千円~1万円近くの違約金が発生します。

しかしインターリンクは無料期間中でも、違約金無しで解約が可能な点が大きな特徴です。

お試し方法

interlink-01

インターリンクのページ中央にある、フレッツ光を選択します。
厳密にはフレッツADSLやフレッツISDNの契約者もいるでしょうが、今回は割愛します。

interlink-02

ページ右側の無料体験ボタンを押します。

interlink-03

有効なメールアドレスを入力し、次へ進みます。

interlink-04

入力したメールアドレスに、メールが送信されます。

interlink-05

メールを確認し、記載されているURLへ移動します。

interlink-06

利用地域と回線タイプを選択し、次へ進みます。

interlink-07

通常はインターリンク メンバーIDを所持していないはずですから、そのまま次へ進みます。

interlink-08

個人契約を選び、氏名とクレジットカード情報を入力します。
すぐにIDやパスワードを取得するなら、クレジットカード以外は選択肢となりえません。

ちなみにジャパンネットのVISAでも、クレジットカード登録は可能でした。
メインのクレジットカードは、基本的にインターネットでの利用を避けるべきでしょう。

interlink-09

記載内容を充分に確認し、申込みをします。

interlink-10

するとすぐにログインIDやログインパスワードが表示されます。
この内容はメールでも送られますが、印刷しておけば一層安心です。

最後にページ上部の、無料体験期間を必ず確認しておきます。

新旧プロバイダ速度比較

high-ping

変更前となる、夜間帯のOCNのpingです。
これだけの数値が出ていますが、海外サーバではありません。

メインPCしか接続していないにも関わらず、平日・祝日ともに夜間帯はいつもpingが高いです。

時間帯OCNインターリンク
16:00104.50Mbps (13.06MB/sec)91.01Mbps (11.38MB/sec)
22:30826.18Kbps (102.75KB/sec)14.99Mbps (1.87MB/sec)
25:00106.25Mbps (13.27MB/sec)69.98Mbps (8.75MB/sec)

速度測定サイト(BNRスピードテスト)により、数値化した結果がこちら。
これら以外の時間帯も何度か確認していますが、20時~23時帯を除けばOCNが全勝で快適でした。

ただし国内のプレイヤーが多い20時~23時帯に限るなら、インターリンクが勝ります。
そもそもOCNでは、国内サーバですらhigh pingでキックされるのです。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ