HP-1501 15000mAhのジャンプスターター レビュー

2016年01月05日 [日記]

15000mAhのモバイルバッテリー機能を搭載した、ジャンプスターターのHP-1501ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B0154KH09O
今回の記事ではモバイル端末からノートPCまで充電可能な、この商品をレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B0154KH09O&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B0154KH09O

Anypro – ジャンプスターター HP-1501ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B0154KH09O

HP-1501のポイント

エンジン始動
フル充電時、最大20台連続で12V車のエンジン始動が可能です。
多機能給電
USBポートを利用するモバイル端末から、ノートPCまで充電できます。
LEDライト搭載
電源ボタンを長押しすることで、3種類の点灯方法が可能です。

商品説明

hp-1501-011-320x212

パッケージは存在せず、このようなポーチで到着しました。

hp-1501-15-320x212

このポーチはハンドルを備えているため、便利に持ち運ぶことができます。

hp-1501-021-320x212

商品内容はシガーアダプタ、ACアダプタ、ジャンプスターター、ノートPCアダプタ、
ノートPCケーブル、USBケーブル、ブースターケーブル、メッセージカード、取扱説明書の9点です。

hp-1501-03-320x212

ジャンプスターター本体には15000mAhのバッテリーを内蔵しているため、重量感があります。
また表面には私が好むラバーコートを備え、持ちやすく滑りにくいです。

hp-1501-04-320x212

背面には、仕様と注意書きが存在します。

hp-1501-05-320x212

側面に搭載されたLEDライトです。

hp-1501-06-320x212

LEDライトはこの電源ボタンを長押しすることで、点灯する設計です。
点灯後もう1度押すとストロボ点滅、さらにもう1度押すとオレンジ色の光に変わりSOSを発します。

hp-1501-07-320x212

出力端子は片側にまとめられています。

hp-1501-08-320x212

ブースターケーブルを接続した状態です。

hp-1501-09-320x212

ブースターケーブルのクリップも、扱いやすいよう配慮されています。

hp-1501-10-320x212

もちろんクリップだけでなく、ケーブルにも多数の安全設計が施されています。

hp-1501-11-320x212

搭載された2つのUSBポートはどちらも5V/2.1Aに対応しており、タブレットの充電も可能です。

hp-1501-12-320x212

ジャンプスターターへの充電は、ACアダプタもしくはシガーアダプタで行います。

hp-1501-13-320x212

ノートPCケーブルとアダプタを利用すれば、各社のノートPCにも充電が行えます。

hp-1501-14-320x212

このジャンプスターターHP-1501の重量は、約544gでした。

まとめ

15000mAhという余裕のあるバッテリー容量が魅力的な、12V車専用のジャンプスターターです。
ブースターケーブルはもちろん各種ケーブルやアダプタが付属しており、利用用途は幅広いです。

また搭載されたLEDライトは3種類の点灯方法に対応し、中でもSOSモードはオレンジの光で点灯可能。
そのため他社類似品よりも視認性に優れ、万が一のアクシデントに遭遇しても落ち着いて対応できます。

さらに各種保護機能を備えたブースターケーブルの根元には、Mモードスイッチを搭載。
上手くエンジンが起動しない場合にこのスイッチを利用すれば、起動の可能性を上げられるようです。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ