粗さ調節可能なペッパーミル レビュー

2016年01月06日 [日記]

好みや料理に合わせて粗さを調節できる、丸洗い対応のペッパーミルir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B0192W7BOE
今回の記事では刃に高品質なセラミックを採用したという、この商品をレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B0192W7BOE&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B0192W7BOE

E-PRANCE – ペッパーミルir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B0192W7BOE

ペッパーミルのポイント

粗さ調節可能
本体下部のダイヤルを調整することで、挽く粗さを選択できます。
セラミック刃
高品質なセラミックを採用し、耐久性を高めています。
丸洗い対応
細かく分解すること無く、丸洗いが行えます。

商品説明

pepper-mill-01-320x212

パッケージの写真から、用途が容易に推測できます。

pepper-mill-02-320x212

商品内容はペッパーミルと、取扱説明書の2点です。

pepper-mill-03-320x212

筐体には金属を採用しているため、プラスチック製に比べて高級感があります。

pepper-mill-04-320x212

本体上部を回すことにより、グリップを外すことができます。
グリップを外す場合には、画像中央の矢印を右側に合わせます。

pepper-mill-05-320x212

グリップを分離した状態です。

pepper-mill-06-320x212

胡椒を入れる側です。

pepper-mill-07-320x212

挽く粗さは、本体下部のダイヤルを回すことにより調整できます。
画像で左に回すと粗く、右に回すと細かくなります。

pepper-mill-08-320x212

刃には耐久性の高い、セラミックを採用しています。

pepper-mill-09-320x212

一見頼りない印象を受けますが、問題無く挽くことができます。

pepper-mill-10-320x212

胡椒を入れ粗さを決めたら、グリップを時計回りで回します。

pepper-mill-11-320x212

付属の取扱説明書は英語ですが、おおよその使用方法がわかると思います。

まとめ

本体下部のダイヤルを回すことで粗さの調節が可能な、金属筐体のペッパーミルです。
透明なプラスチック部分やグリップとの接続部分は少し安っぽいですが、機能的に問題はありません。

グリップを捻って分離したのち胡椒を入れ、再度組み合わせたグリップを回すだけで挽くことが可能。
設定する粗さによっては少し回しにくいことがありますが、一般男性ならまず問題無いでしょう。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ