PB-T3 16000mAhモバイルバッテリー レビュー

2016年01月06日 [日記]

3色のLEDインジケーターを搭載した、16000mAhモバイルバッテリーのPB-T3ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B018AP7O00
今回の記事ではQualcomm Quick Chargeにも対応した、この商品をレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B018AP7O00&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B018AP7O00

Aukey – モバイルバッテリー PB-T3ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B018AP7O00

PB-T3のポイント

QC2.0対応
急速充電が行えるQuick Charge 2.0に、入出力両方が対応しています。
16000mAh
iPhone 6s/6を6回以上、iPhone 5s/5を7回以上充電できる容量です。
LED搭載
バッテリー残量を表示するLEDと、暗い場所を照らすLEDを搭載しています。

商品説明

pb-t3-01-320x212

パッケージからはPB-T6と同様に、バッテリー容量が16000mAhであることが読み取れます。

pb-t3-02-320x212

商品内容はモバイルバッテリー、メッセージカード、USBケーブル、取扱説明書の4点です。

pb-t3-03-320x212

16000mAhのバッテリー容量を備えているため、筐体は大きめの部類です。

pb-t3-04-320x212

正面にはメーカーロゴが存在します。

pb-t3-05-320x212

表面加工もPB-T6と同じつや消しブラックですが、やはり皮脂には弱そうです。

pb-t3-06-320x212

長方形のデザインを採用しているため、四隅は角張っています。

pb-t3-07-320x212

裏面には、仕様欄と電源ボタンを備えています。

pb-t3-09-320x212

仕様欄には、バッテリー容量やQuick Charge 2.0対応であることなどが記載されています。

pb-t3-08-320x212

電源ボタンを押すと、赤・緑・白の3色LEDでバッテリー残量の確認が可能です。
電源ボタンを長押しするとLEDライトが点灯し、再度長押しするとLEDライトが消灯します。

pb-t3-10-320x212

一番左にあるオレンジのUSBポートと、右から2番目のmicroUSBポートがQuick Charge 2.0対応です。
仕様上では5V/2.4A・9V/1.67A・12V/1.25A出力と、5V/2A・9V/1.67A・12V/1.25A入力が可能です。

一番右にあるグリーンのUSBポートは5V/2.4Aに対応し、AIPower機能も搭載しています。

pb-t3-11-320x212

付属のmicroUSBケーブルです。

pb-t3-12-320x212

このモバイルバッテリーPB-T3の重量は、約344gでした。

まとめ

16000mAhというバッテリー容量と、Quick Charge対応が特徴的なモバイルバッテリーです。
しかもQuick Chargeは出力だけでなく入力にも対応しており、より短時間でフル充電が可能です。

また電源ボタンを短く押すことで、赤・緑・白という3色のLEDが光る設計。
そのため充電すべきか迷った場合でも、簡単に充電タイミングを確認することができます。

さらに電源ボタンを長押しすれば、暗いところを照らしてくれるLEDライトを搭載。
小さなLEDライトですが明るさはそこそこありますので、直視しないことをオススメします。

ちなみにQuick Chargeの入力については、確認できる環境が存在しないため未検証。
当然Quick Charge非対応のUSBチェッカーでは、急速充電の効果は見られませんでした。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ