RP-UC07 40W対応USB充電器 レビュー

2017年04月29日 [日記]

2通りの使い方が選べる、合計40W出力対応の4ポートUSB充電器のRP-UC07
今回の記事では最大4台の端末を同時に充電可能な、この商品をレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B06XSFC86Q&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=li3&o=9&a=B06XSFC86Q

RAVPower – USB充電器 RP-UC07

ポイント

RP-UC07の特長

2WAY方式
2通りの使い方が選べる、変換アダプタが付属しています。
4ポート搭載
USBポートを4基備え、最大4台の端末を同時に充電できます。
海外使用対応
AC100-240Vに対応しており、海外使用でも変圧器は不要です。

商品説明

rp-uc07-01-320x240
パッケージは小型の横長タイプです。

rp-uc07-02-320x240
商品内容は充電器本体、AC変換アダプタ、電源ケーブル、取扱説明書、メッセージカードの5点です。

rp-uc07-03-320x240
充電器本体です。

rp-uc07-04-320x240
石鹸のようなサイズです。

rp-uc07-05-320x240
合計出力は40Wに対応しており、各ポートは最大2.4A出力の仕様です。

rp-uc07-06-320x240
電源の接続には、一般的なメガネケーブルを利用します。

rp-uc07-07-320x240
USBポートは合計4基搭載しています。

rp-uc07-08-320x240
充電器を接続できる、AC変換アダプタです。

rp-uc07-09-320x240
コンセントは折りたたみ式になっており、便利に持ち運びできます。

rp-uc07-10-320x240
内部にはメガネコネクタを備え、充電器の側面と接続する設計です。

rp-uc07-11-320x240
充電器と接続した状態です。

rp-uc07-12-320x240
裏面はこのようになっています。

rp-uc07-13-320x240
充電器本体にはつや消しのブラックを採用しており、滑らかな感触です。

rp-uc07-14-320x240
AC変換アダプタを接続した状態の外観です。

rp-uc07-15-320x240
付属の電源ケーブルを利用すれば、コンセントから離れた場所まで伸ばせます。

rp-uc07-16-320x240
AC変換アダプタを接続した状態での充電器の重量は、約194gでした。

まとめ

記事掲載時点で、1,224件のカスタマーレビューを獲得しているシリーズの充電器です。
大きな特長はAC変換アダプタが付属している点で、標準で2通りの充電方法に対応します。

まずはAC変換アダプタを利用する方法。
こちらはコンセントに直付けできるため、コンパクトに設置できる利点があります。

その反面長めのUSBケーブルを用意しないと、端末まで届かないという欠点も。
かといってあまりに長いUSBケーブルを用意すると、邪魔になってしまいます。

つぎに電源ケーブルを利用する方法。
コンセントから離れた場所に充電器を設置できるため、端末の抜き差しが容易です。

その反面コンセントから電源ケーブルが伸びるため、外観を損なうことが欠点。
充電器を机に置くと、僅かではありますが場所を確保する必要も生まれるでしょう。

とはいえ他の製品とは違い、上記2通りの接続方法が選べるのは事実。
使用する場所や状況に合わせられる柔軟性は、きっと役立つに違いありません。

――ただ欲を言えば、充電器にバッテリーを内蔵する方法もあったのでは……

AC変換アダプタや電源ケーブル接続中は、内蔵バッテリーを充電しながら給電。
その後充電器だけ持ち運べば、モバイルバッテリーとして使えるような構造です。

そうすればAC変換アダプタに接続するギミックにも、より意味がもたせられます。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ