PR-500KIの無線(Wi-Fi)設定方法と各SSIDの仕様

2015年02月27日 [日記]

2014年春期より提供されている、NTT東西の第5世代HGWであるPR-500KI。
今回の記事ではその無線(Wi-Fi)設定方法と、3つ存在する各SSIDの仕様を解説します。

無線ルーターの選び方 実測で選ぶおすすめ無線ルーター

PR-500KIとは?

NTT東西のフレッツ光にて提供されている、第5世代HGWです。

hgw

引用元:NTT西日本

このHGW(ホームゲートウェイ)はルータ・ハブ・電話管理機能を搭載した一体型で、
第4世代のPR-400KI/PR-400NE/PR-400MIに比べ、無線の性能が大幅に向上しています。

別途レンタルできる無線LANカードを挿入することで、無線機能が有効化されるのは同一ですが、
最新のPR-500KIでは無線LANカードが鍵となり、より強い電波がHGW本体から送信されます。

第4世代ではカードから電波を送信していたため、電波干渉や障害物に弱い欠点がありました。
しかし第5世代では電波干渉を受けにくい11acと、最大1300Mbpsの規格に対応しています。

ちなみに無線機能の部分はBUFFALOと並んで評判の良い日本電気製だとされ、安心できます。
また対応の無線LANカードは末尾が微妙に変更され、SC-40NEからSC-40NE「2」となっています。

PR-500KI(HGW)を使用できる条件

ネクストファミリー or ネクストマンションかつ、ひかり電話を契約していることです。
ただしひかり電話を契約していなくとも、月額450円でHGWをレンタルすることもできます。

さらに2年間の利用を条件に月額料金が割引される低価格プランも存在し、こちらは月額250円。
上記の無線LANカード(月額100円)と組み合わせても、月額350~550円で無線機能が利用できます。

HGWで無線機能を利用すれば無線ルータと違い、機器1つだけで宅内の無線接続が行えるわけです。
煩雑な機器間のケーブルから解放される点は、大きなメリットだと言えるでしょう。

※記載条件はNTT西日本のもの、記載価格は全て税抜き

PR-500KIの無線(Wi-Fi)設定方法

手動接続

私が最もオススメしている設定方法です。

wi-fi

1.パソコンやスマートフォンの無線機能を有効化し、周囲をスキャンする。
 (基本的に機器が自動で行うため、スキャン操作を必要としない場合が多いです)

2.本体のSSID-1またはSSID-3に設定されている無線ネットワーク名(SSID)をクリックする。

3.接続をクリックし、各SSIDに対応する暗号化キーを入力する。(SSID-1の場合は暗号化キー1)

これで設定完了です。
下記のらくらくスタートボタンを使用した方法よりも、らくらくだと思います。

らくらく無線スタート

rakuraku-musen-start

1.ゲーム機などのらくらく無線スタートを起動する。

2.本体背面のらくらくスタートボタンを1秒以上押し、本体前面の登録ランプが緑点滅したら離す。

3.本体前面の登録ランプが橙点滅することを確認する。

4.本体背面のらくらくスタートボタンを1秒以上押し、本体前面の登録ランプが橙点灯したら離す。

その後、約10秒間橙点灯し、緑点灯に変われば設定完了です。

Wi-Fi Protected Setup(WPS)

wps

1.本体背面のらくらくスタートボタンを1秒以上押し、本体前面の登録ランプが緑点滅したら離す。

2.チャームバーを表示し、設定をクリックして設定チャームを表示する。

3.設定チャームのネットワークをクリックし、ネットワークチャームを表示する。

4.本体のSSID-1またはSSID-3に設定されている無線ネットワーク名(SSID)をクリックする。

5.接続をクリックする。

6.本体前面の登録ランプが橙点灯することを確認する。

7.先ほど接続した無線ネットワーク名(SSID)を右クリックし、プロパティを表示する。

8.接続タブに移動する。

9.無線ネットワーク名(SSID)をブロードキャストしていない場合でも接続するを有効化する。

PR-500KIの各SSIDの仕様

SSIDとは、無線接続をする際の接続先名だと考えて下さい。
セキュリティーキー/暗号化キーは、そのSSIDへ接続するために必要な鍵です。

昨今の無線ルータ・アクセスポイントは、第三者が容易に接続できないようキーが設定されています。

pr500ki-ssid

各SSIDの概要

最も接続できる機器が多いSSIDが、SSID-1。
最も規格が新しく速度の速いSSIDが、SSID-3です。

SSID最大速度5GHz2.4GHzアンテナ数
SSID-1450Mbps×IEEE802.11b/g/n送信×3・受信×3
SSID-2300Mbps×IEEE802.11b/g/n送信×2・受信×2
SSID-31300MbpsIEEE802.11a/n/ac×送信×3・受信×3

SSID-1

IEEE802.11b/g/n(2.4GHz帯)と、最大450Mbsに対応。
HGW内蔵の無線機能で、受信アンテナ数は送信×3・受信×3。

SSID-3が表示されない環境下では、このSSID-1を利用します。

規格名対応速度/仕様
IEEE802.11b1 ~ 11Mbps
IEEE802.11g6 ~ 54Mbps
IEEE802.11n[HT20] 9.8 ~ 216.7Mbps
[HT40] 20.3 ~ 450Mbps
セキュリティWEP(128/64bit)
WPA2-PSK(AES)
WPA-PSK/WPA2-PSK(TKIP/AES)

SSID-2

IEEE802.11b/g/n(2.4GHz帯)と、最大300Mbsに対応。
LANカード内蔵の無線機能で、受信アンテナ数は送信×2・受信×2。

SSID-1やSSID-3が表示されない、もしくは相性が悪い場合にのみ利用します。

規格名対応速度/仕様
IEEE802.11b1 ~ 11Mbps
IEEE802.11g6 ~ 54Mbps
IEEE802.11n[HT20] 6.5 ~ 144.4Mbps
[HT40] 13.5 ~ 300Mbps
セキュリティWEP(128/64bit)
WPA2-PSK(AES)
WPA-PSK/WPA2-PSK(TKIP/AES)

SSID-3

IEEE802.11a/n/ac(5GHz帯)と、最大1300Mbsに対応。
HGW内蔵の無線機能で、受信アンテナ数は送信×3・受信×3。

このSSID-3が見えたということは、高速かつ安定した通信が可能だということです。
優先して接続することで、快適なインターネットが行えるでしょう。

規格名対応速度/仕様
IEEE802.11a6 ~ 54Mbps
IEEE802.11ac[HT20] 6.5 ~ 260Mbps
[HT40] 13.5 ~ 360Mbps
[HT80] 29.3 ~ 1300Mbps
IEEE802.11n[HT20] 9.8 ~ 216.7Mbps
[HT40] 20.3 ~ 450Mbps
セキュリティWPA2-PSK(AES)
WPA-PSK/WPA2-PSK(TKIP/AES)

iPhone / iPadの無線仕様

端末最大速度5GHz2.4GHz
iPhone 6 / 6 Plus433MbpsIEEE802.11a/n/acIEEE802.11b/g/n
iPhone 5s / 5c / 5 150MbpsIEEE802.11a/nIEEE802.11b/g/n
iPhone 4s / 472Mbps×IEEE802.11b/g/n
iPhone 3GS / 3G×IEEE802.11b/g
iPad Air 2IEEE802.11a/n/acIEEE802.11b/g/n
iPad AirIEEE802.11a/nIEEE802.11b/g/n
iPad mini 3IEEE802.11a/nIEEE802.11b/g/n
iPad mini 2IEEE802.11a/nIEEE802.11b/g/n
iPad miniIEEE802.11a/nIEEE802.11b/g/n


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ