ETM-83915 ストレートブラケットIIレビュー

2015年08月22日 [日記]

カメラ本体やカメラアクセサリを設置可能な、ストレートブラケットのETM-83915ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B00Q9TYU8O
今回の記事ではゲーム中の手元を撮影するために購入した、この商品をレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B00Q9TYU8O&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B00Q9TYU8O

ETSUMI ETM-83915 ストレートブラケットIIir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B00Q9TYU8O

ETM-83915のポイント

信頼の日本製
日本製だけあって、各部の工作精度が高いです。
シュー付属
シューが付属しているため、別途用意する必要がありません。
2ヶ所対応
付属しているシューは、設置位置を2ヶ所から選択できます。

商品説明

etm-83915-01-300x225

商品内容はストレートブラケット本体のみです。

etm-83915-02-300x225

シューが付属しているため、すぐに利用を開始できます。

etm-83915-03-300x225

雲台はこの穴に接続します。

etm-83915-04-300x225

雲台を接続した状態です。

etm-83915-05-300x225

シューは中央だけでなく、

etm-83915-06-300x225

先端側に移動することもできます。

etm-83915-07-300x225

移動する際には、レールの端からシューを取り外します。

etm-83915-08-300x225

レールは中央部が雲台から約83mm。
先端部が雲台から約142mmです。

手元撮影での利用方法

etm-83915-desk-2-300x225

仮にストレートブラケットを使用せず、三脚を椅子の右に展開した場合の画像です。
三脚の脚が机と干渉するため、どうしてもWebカメラの撮影範囲は広がってしまいます。

マウスパッド付近のみ撮影したい私には、都合の悪い状況です。

etm-83915-desk2-300x225

しかしストレートブラケットを使用すれば、マウスパッドの近辺を拡大して撮影できます。
この形であれば、よりマウスの繊細な動きを映像で伝えられることでしょう。

まとめ

アイデア次第で柔軟な用途に対応できる、スライディングプレートです。
プレートはもちろん付属しているシューの工作程度は高く、ガタツキは一切ありません。

さらにこのブラケットには金属(アルミ?)を使用しているため、剛性も期待できます。
ただしWebカメラならまだしも、重さのあるカメラを設置する場合は三脚の転倒に注意が必要です。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ