Q9 イヤーフック搭載Bluetoothイヤホンレビュー

2015年08月26日 [日記]

運動しても落ちにくいイヤーフックを搭載した、BluetoothイヤホンのQ9ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B0132OR7Z6
今回の記事ではハイレベルな音質を実現するapt-Xに対応した、この商品をレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B0132OR7Z6&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B0132OR7Z6

soundPEATS Q9 Bluetoothイヤホンir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B0132OR7Z6

レビュー動画

Q9のポイント

イヤーフック
装着したまま動いても外れにくい、イヤーフックを搭載しています。
apt-X対応
高音質なBluetoothコーデックである、apt-Xに対応しています。
シンプル設計
操作ボタンは、電源ボタンと音量ボタン×2の合計3つだけです。

商品説明

q9-01-300x225

商品イメージから、イヤーフック搭載であることが容易に判断できます。

q9-02-300x225

商品内容はポーチ、イヤホン、USBケーブル、取扱説明書、付属品群の5点です。

q9-03-300x225

イヤホンの左側には、操作ボタンが一切ありません。

q9-04-300x225

イヤーピース周辺は、このようなデザインです。

q9-05-300x225

イヤホンの左右を判別するには、イヤーフックの端を見ればわかります。

q9-06-300x225

イヤホンの右側には、左側には存在しなかった操作ボタンを搭載しています。
手前から音量ダウン・電源管理・音量アップとなっており、操作ボタンは合計3つです。

q9-07-300x225

操作ボタンの対面には、左からアクセスランプ・microUSBコネクタ・マイクを搭載しています。

q9-08-300x225

付属のポーチです。

q9-09-300x225

イヤホンの出し入れに苦労しない、余裕のあるサイズとなっています。

q9-10-300x225

付属のmicroUSBケーブルです。

まとめ

動くと外れてしまうカナル型の欠点を排除した、イヤーフック搭載のBluetoothイヤホンです。
このイヤーフックは眼鏡をしたままでも装着できるため、使用する人を選ばない設計です。

またフル充電で約6時間利用できるうえ、高音質コーデックであるapt-Xに対応。
音質も同価格帯のBluetoothイヤホンと比べれば、同等以上と言って良いでしょう。

ちなみに気になる点は、イヤーフックの相性が悪いと長時間使用した場合に耳の痛みを伴うこと。
加えて同社のBluetoothイヤホンである、QY7に音質が劣るように感じたことです。

そのためカナル型に抵抗がなければQY7、イヤーフックが必要ならQ9という棲み分けができそうです。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ