Swift aptX対応のBluetoothヘッドセットレビュー

2015年09月15日 [日記]

高品質な音楽を楽しめるaptXに対応した、BluetoothヘッドセットのSwiftir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B00W6X15CQ
今回の記事では絡みにくいフラットケーブルを採用した、この商品をレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B00W6X15CQ&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B00W6X15CQ

Mpow Swift Bluetoothステレオヘッドセットir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B00W6X15CQ

レビュー動画

Swiftのポイント

aptX対応
Bluetooth V4.0と、高音質コーデックのaptXに対応しています。
防汗/防滴
スポーツ(ジョギング)に適した、防汗/防滴設計です。
マルチポイント
同時に2台の端末と接続できる、マルチポイント対応です。

商品説明

swift-01-300x225

商品箱には、イヤホンのイメージ画像が印刷されています。

swift-02-300x225

商品内容はイヤホン、イヤーピース、イヤーフック、USBケーブル、取扱説明書の5点です。
(イヤーフックと取扱説明書は2種類あるため、それを考慮すれば7点とも言えます)

swift-03-300x225

左側のイヤホンです。

swift-04-300x225

イヤーフックは装着感を向上させ、使用時の脱落を防いでくれます。

swift-05-300x225

イヤーピースは柔らかく、付属のものから好みのサイズを選択できます。

swift-06-300x225

正面にはmicroUSBコネクタを搭載しています。

swift-07-300x225

小さなゴムのカバーを取り外せば、microUSBコネクタが露出します。

swift-08-300x225

左右のイヤホンは、絡みにくいフラットケーブルで接続されています。

swift-09-300x225

イヤホンの右側には、左側にはなかったコントロールボタンを搭載しています。

swift-10-300x225

イヤーフックおよびイヤーピースは、左右で形状は変わりません。

swift-11-300x225

正面にはボリュームアップ/ダウンや、マイクを搭載しています。

swift-12-300x225

電源管理やペアリングは、このコントロールボタンで行います。
ボタンの直下にアクセスランプが内蔵されているため、指で隠さない方が良いでしょう。

ただしあまり端のほうだとボタンの反応が悪くなるため、位置が難しいところです。

swift-13-300x225

付属のmicroUSBケーブルです。

まとめ

豊富な付属品が嬉しい、防汗/防滴仕様のBluetoothヘッドセットです。
本体はBluetooth 4.0とaptXに対応しており、省電力でありながら高音質で音楽を楽しめます。

また3サイズのイヤーピースと2種類×3サイズのイヤーフックから、好みの構成を選択可能。
さらに各種ボタンを押すと音声アナウンスやブザー音が流れますから、操作の受付が把握しやすいです。

ちなみに音質は低音が強めながら、ボーカルも聞きやすい印象。
自身に合うイヤーピースとイヤーフックを見つければ環境音が遮断され、より音楽に没頭できます。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ