Seashell IPX4対応の防水Bluetoothイヤホン レビュー

2015年11月15日 [日記]

スポーツ中の汗や水しぶきに強いIPX4に対応した、BluetoothイヤホンのSeashellir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B015FVZ3Q4
今回の記事では軽量かつソフトな装着感で耳への負担が少ないという、この商品をレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B015FVZ3Q4&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B015FVZ3Q4

Mpow Seashell Bluetoothイヤホンir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B015FVZ3Q4

Seashellのポイント

スポーツ仕様
スポーツ中の汗や水しぶきに強い、IPX4の防滴仕様です。
高品質サウンド
CD品質のステレオサウンドを楽しめる、aptXに対応しています。
長時間駆動
最大200時間のスタンバイ、もしくは約7時間の連続使用が可能です。

商品説明

seashell-01-320x240

パッケージは、これまで紹介したSwallowMagnetoと同じ外観です。

seashell-02-320x240

商品内容はイヤホン、USBケーブル、イヤーピース、イヤーフック、取扱説明書の5点です。

seashell-03-320x240

イヤホンのデザインは商品名に倣い、貝殻のようです。

seashell-04-320x240

イヤホンを正面から見た状態です。

seashell-05-320x240

イヤホンを背面から見た状態です。

seashell-07-320x240

黄色のカバーを開くと、充電用のmicroUSB端子が現れます。

seashell-06-320x240

イヤーピースは交換に対応しており、付属のイヤーフックを取り付けることもできます。

seashell-08-320x240

またケーブルには、マイク内蔵のコントローラーを搭載しています。
このマイクは、メーカーロゴが印刷された側に存在します。

seashell-09-320x240

コントローラーの裏面には、音量調整や電源管理/ペアリング用のボタンを搭載しています。

seashell-10-320x240

充電に使用するmicroUSBケーブルです。

seashell-11-320x240

イヤホンの仕様です。

seashell-12-320x240

取り付けたイヤーフックを、無理矢理位置を動かそうとすると破れます。
注意しましょう。

まとめ

Seashellという名のとおり、貝殻のようなデザインのBluetoothイヤホンです。
Bluetooth 4.1だけでなく、高品質サウンドが楽しめるというaptxに対応しています。

またイヤホン本体はIPX4の防滴仕様となっており、普段使いからスポーツ用途まで使用可能。
さらに絡みにくく快適なフラットタイプのケーブルには、便利なコントローラーを搭載しています。

ちなみに気になる音質は、高音から低音までバランス良く鳴らしてくれる印象。
これまでのシリーズ同様に音量を上げると高音のシャリ付きが目立ちますが、幾分明瞭に聞こえます。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ