TT-BH08 ネックバンドのBluetoothイヤホン レビュー

2015年11月30日 [日記]

汗を書いてもベタつかない、スポーツ向けBluetoothイヤホンのTT-BH08ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B017IMOU6W
今回の記事ではシリコン素材により防水防塵機能を備えた、この商品をレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B017IMOU6W&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B017IMOU6W

TaoTronics – ワイヤレスヘッドホン TT-BH08ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B017IMOU6W

TT-BH08のポイント

防水防塵機能
熱さや汗に強いシリコン素材により、スポーツでの使用に適しています。
陶磁製アンテナ
信号を強めて電波干渉を防ぐ、特製の陶磁製アンテナを採用しています。
ネックバンド
一般的なイヤホンに比べ断線の心配が少ない、ネックバンド方式です。

商品説明

tt-bh08-01-320x240

パッケージには、商品画像が使われています。

tt-bh08-02-320x240

商品内容はイヤホン、イヤーピース、USBケーブル、
ポーチ、取扱説明書、メッセージカードの6点です。

tt-bh08-03-320x240

イヤホン本体です。

tt-bh08-04-320x240

ケーブルは一体型となっており、あまり見かけないデザインです。

tt-bh08-05-320x240

右側のイヤホンです。

tt-bh08-06-320x240

イヤーピースは交換に対応しています。

tt-bh08-07-320x240

正面・背面ともに、操作ボタンは配置されていません。

tt-bh08-08-320x240

イヤホンの側面には、各種ボタンが搭載されています。

tt-bh08-171-320x240

中央が多機能ボタンで、その丸い上部の穴がLEDインジケータです。
左のボタンで音量ダウンと曲戻し、右のボタンで音量アップと曲送りが行えます。

左下の凹みには、通話用のマイクを内蔵しています。

tt-bh08-09-320x240

ケーブルとイヤホンは、このように接続されています。

tt-bh08-10-320x240

下部には充電用のmicroUSB端子を搭載しています。

tt-bh08-11-320x240

カバーを開くことで、microUSB端子が現れます。

tt-bh08-12-320x240

ケーブルはシリコン製で、汗や湿気に強い防水防塵設計です。

tt-bh08-18-320x240

イヤホンの仕様です。

tt-bh08-13-320x240

イヤホンの重量は約25gです。

tt-bh08-15-320x240

ポーチにはイヤホンを入れることができます。

tt-bh08-16-320x240

イヤホンを入れた状態です。

tt-bh08-14-320x240

充電用のmicroUSBケーブルです。

まとめ

流線型のデザインとシリコン製のネックバンドを採用した、Bluetoothイヤホンです。
耳の上に掛ける特殊な形状ながらも装着感に優れ、動きのあるスポーツ使用にも適します。

また本体には特製の陶磁製アンテナを備え、ノイズを抑えた音楽再生に対応。
各種ボタンは右側のイヤホンに集約されており、音量調整や曲の移動も簡単に行えます。

さらにフル充電で7時間も連続再生できるばかりか、最大2つのデバイスと同時にペアリングも可能。
そして一般的なイヤホンと同じように、付属した3種類のイヤーピースから好みのサイズが選べます。

ちなみに気になる音質は、高音も低音も強調していないフラット気味な印象。
それでも物足りないということはなく、同価格帯のイヤホンに比べれば明瞭感があります。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ