SD-3 LEDイルミネーション レビュー

2015年12月01日 [日記]

太陽光によりメンテナンス不要で設置できる、LEDイルミネーションのSD-3ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B00VI9I324
今回の記事では200灯ものLEDを備え点灯と点滅が選択可能な、この商品をレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B00VI9I324&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B00VI9I324

Deior – ソーラー充電式LEDイルミネーション SD-3ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B00VI9I324

SD-3のポイント

200灯のLED
ソーラーボックスから伸びるLEDは、なんと200灯もあります。
ソーラー駆動
電力の供給は、メンテナンス不要の太陽光を利用しています。
2種類のモード
搭載されているLEDの点灯方法は、常時点灯と点滅の2種類です。

商品説明

sd-3-01-320x240

パッケージはホワイトの無地です。

sd-3-021-320x240

商品内容はソーラーボックス&LEDライト、支持棒×2、ケーブルタイ×2、取扱説明書の4点です。

sd-3-03-320x240

LEDへ電力を供給するソーラーパネルを搭載した、ソーラーボックスです。
内部にはバッテリーを備え、太陽光により自動で充電が可能です。

sd-3-04-320x240

背面には、モードボタンと電源ボタンの2種類を搭載しています。
モードボタンを押すことで、常時点灯モードと点滅モードが切り替わります。

sd-3-05-320x240

ソーラーボックスの厚みは、約20mmです。

sd-3-06-320x240

ソーラーボックスを取り付ける側となる、支持棒上部です。

sd-3-07-320x240

地面に挿す側となる、支持棒下部です。

sd-3-08-320x240

支持棒の上下を組み合わせることで、長くなります。

sd-3-09-320x240

支持棒の上部は、ある程度の角度調整に対応しています。

sd-3-10-320x240

ソーラーボックスと支持棒を取り付けた状態です。

sd-3-11-320x240

地面に挿した後で、ソーラーボックスの角度を調整することもできます。

sd-3-12-320x240

ソーラーボックスと接続されている、200灯のLEDライトです。

sd-3-18-320x240

ソーラーボックスから1灯目までが約1850mmで、以後約90mm間隔でLEDが存在します。

sd-3-13-320x240

LEDライトです。
前述の通り、常時点灯モードと点滅モードの2種類に対応しています。

sd-3-16-320x240

常時点灯で撮影してみました。

sd-3-17-320x240

200灯を固めた状態です。

sd-3-14-320x240

付属している2色のケーブルタイです。

sd-3-15-320x240

LEDライトをまとめる際に、役立つことでしょう。

まとめ

豊富な200灯ものLEDを搭載した、ソーラー充電式LEDイルミネーションです。
ソーラーボックスと支持棒を組み合わせ地面に設置しておけば、自動で点灯する設計です。

また点灯には「周囲が暗くなる」という条件が必要なため、昼間は充電に集中可能。
点灯方法は常時点灯と点滅の2種類がありますから、環境に応じて選択することができます。

ちなみに実際の明るさは、遠目ではわからないほど控えめな印象。
200灯のLEDを搭載していることが起因するのか、「明るい」とは言えないレベルです。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ