【ロジクール】Logicool G HUBの使用方法【マウス設定】

投稿日:2020年1月13日 更新日:

logicool-g-hub

すべての対応ロジクールGギアの最適化とカスタマイズが可能だとされる、ソフトウェアのLogicool G HUB。
今回の記事ではこの「ロジクールゲーミングソフトウェア」の後継ソフトで、マウスの設定を解説します。


 

Logicool G HUBとは?

Logicoolゲームソフトウェアに変わる、同社のデバイスを設定するためのソフトウェアです。
一度導入すればマウスやキーボードだけでなく、ヘッドセットまで一元管理することができます。

Logicoolゲームソフトウェアとは?

Logicool G HUBが導入されるまで展開されていた、ゲームデバイス設定ソフトです。
詳しい「Logicoolゲームソフトウェアの情報」は、別記事で詳しく解説しています。

logicool-game-software-150x150
【ロジクール】ゲームソフトウェアの設定方法【Logicool】

ロジクールのゲームデバイスを管理するソフトとして、インストールすることになるゲームソフトウェア。
今回の記事ではこの「ゲームソフトウェア」の各設定項目や、ボタンの割り当て方法について解説します。

続きを見る

Logicool G HUBのダウンロード

まず下のボタンから「Logicool G HUB」に移動します。

Logicool G HUB

Logicool G HUBに移動したら「download(WINDOWS用)」を選択します。

logicool-g-hub-download

Logicool G HUBのインストール

ダウンロードした「lghub_installer.exe」を実行します。

logicool-g-hub-icon

最初の画面の説明を確認し「次へ」進みます。

logicool-g-hub-install-1

設定に関する説明を確認し「次へ」進みます。

logicool-g-hub-install-2

画面の指示に従い「G HUBを起動」を選択します。

logicool-g-hub-install-3

従来のLogicoolゲームソフトウェアがインストール済みの場合に表示される画面です。
画面中央の「はい」もしくは「後で行う」を選択し、Logicool G HUBの設定に移ります。

logicool-g-hub-install-4



Logicool G HUBの設定方法

この記事の内容は、自身が使用している「Logicool G ゲーミングマウス」で検証しています。

はじめに

Logicool G HUBを起動したら、右上の「歯車マーク」を選択します。

logicool-g-hub-set-up-1

ここでは自動起動の設定や持続プロファイル、言語などの設定が可能です。

logicool-g-hub-set-up-2

前の画面に戻り、製品の画像を選択すると設定画面が表示されます。

logicool-g-hub-set-up-3

ここで再び「歯車のマーク」を選択します。

logicool-g-hub-set-up-4

するとマウスの詳細設定へと移りますから、図示した位置を選択します。

logicool-g-hub-set-up-5

この操作によりオンボードメモリモードが有効化されますから、×ボタンで確定します。

logicool-g-hub-set-up-6

ただしこのオンボードメモリモードは、柔軟な設定が行えないモードです。

logicool-g-hub-set-up-7

そのため基本的には「オフ」であることを確認し、製品画像の上のボタンで画面を閉じます。

logicool-g-hub-set-up-8

LIGHTSYNC設定

ここではマウスのLEDライトに関する設定が行なえます。
この項目に限らず、左上の鍵マークは「設定の固定化」を意味しています。

logicool-g-hub-lightsync

割り当て設定

ここではマウスのボタン割り当てに関する設定を行います。
ボタンを割り当てる操作は下記のとおりです。

1:割り当てたい機能を、左上にある各項目のタブから選択する
2:右側のマウスのボタンから、任意の位置を選択する
3:左側の機能一覧から、任意の機能を選択する

logicool-g-hub-keyconfig-1

ちなみにこの割り当て画面では、左上のロックを外します。
またGシフト対応デバイスの場合は、マウス下部のスライダーを「Gシフト」にすることでGシフト時の設定が行えます。

logicool-g-hub-keyconfig-2

感度(DPI)設定

ここではマウスの感度に関する設定を行います。
まずオレンジのマークが「削除不可能な感度」ですから、任意の数値までドラッグします。

logicool-g-hub-dpi-setting-1

オレンジ以外の感度が不要な場合には、丸のマークをドラッグして外に出します。

logicool-g-hub-dpi-setting-2

感度を変更しない場合には、このように設定感度をひとつにしておくと良いでしょう。

logicool-g-hub-dpi-setting-3

最小化の設定

自身がずっとロジクールのマウスを選択してきた理由は、ボタンに「最小化」を設定できることでした。
最小化の操作はキーボードのショートカットでも行えますが、ロジクールの場合はソフトを選ばないことに加え誤爆が少ないことが大きな利点です。

しかしこの「Logicool G HUB」では、遂に最小化の設定が消失。
そこで自身が代用として設定している、比較的安定しやすい2つの最小化マクロを紹介します。

Altキー式

windows-minimize-alt

Windowsキー式

windows-minimize-2

ゲームの登録方法

応用となる「ゲームの登録方法」は、別記事で詳しく解説しています。

logicool-g-hub-gaming-setting-150x150
【Logicool G HUB】ゲーム別にボタンを割り当てる方法

ロジクールゲーミングソフトウェアの後継として提供されている、デバイス管理ソフトのLogicool G HUB。
今回の記事ではこの「Logicool G HUB」にゲームを登録し、ゲーム別のボタン割り当て方法を解説します。

続きを見る

お得なゲーミングPCを探す

arkhive

640x100_gtune

今人気のゲームランキングを見る

話題のゲームをお得に購入してみる

 

よく読まれている記事

-ゲーム, パソコン

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2020 All Rights Reserved.