VersionTech 8灯LEDのセンサーライト レビュー

2016年01月19日 [日記]

人感センサーと明暗センサーに加え、ソーラーパネルを搭載したセンサーライト
今回の記事では一度設置すればメンテナンスフリーとなる、この商品をレビューします。

VersionTech – センサーライト

センサーライトのポイント

8灯LED搭載
明るい光を放つ高性能LEDを8灯搭載し、夜間の防犯効果を高めます。
ソーラー駆動
光エネルギーを 直接電力に変換する、ソーラーパネルを搭載しています。
自動点灯
暗くなると待機状態になり、センサー感知で自動点灯する設計です。

商品説明

version-teck-sensor-light-01

パッケージには、搭載されているLEDの数や明るさが掲載されています。

version-teck-sensor-light-02

商品内容はセンサーライト、電源ピン、取扱説明書、ネジ、アンカー、シールの6点です。

version-teck-sensor-light-03

中央には、人の動きに反応する人感センサーを搭載しています。

version-teck-sensor-light-04

本体上部には、ソーラーパネルとネジ穴を搭載しています。

version-teck-sensor-light-05

人感センサーの左にある穴へ電源ピンを挿し込むことで、電源のオン/オフが行えます。

version-teck-sensor-light-06

ソーラーパネルに太陽光が効率的にあたるよう、本体中央が盛り上がっています。

version-teck-sensor-light-07

電源スイッチは正面にしかないため、背面にスイッチの類いは搭載されていません。

version-teck-sensor-light-08

電源がオンの状態で暗くなると、微灯モードになります。

version-teck-sensor-light-07

微灯モードの状態で人感センサーに反応があると、全灯モードで発光します。

まとめ

8灯のLEDを搭載した、メンテナンス不要のセンサーライトです。
特徴は防水仕様であることと、電源スイッチをピンで操作する構造であることの2点です。

ちなみに電源ピンは壁面に対して垂直ではなく、LEDライトの面に対して垂直に挿し込むのがコツ。
ある程度まで到達すると固い感触になりますから、さらに力を入れればスイッチ操作が行えます。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ