FAQ

公会動画への質問対応用として、頻繁に質問される内容と回答をまとめておきます。
もしここに記載されていない質問がありましたら、お気軽にYouTubeへ書き込み下さい。

目次

プレイ関連

リアルタイム配信はしていますか?

2015年5月中旬から、Twitchを試験運用しています。
今後も継続するかはわかりませんが、配信開始はTwitterにて告知しています。

参考記事:Twitchの視聴方法まとめ(TeamSpeak 3連携付き)

どこかに動画をまとめていませんか?

YouTubeの再生リストを、動画ページにまとめています。

上手くなるにはどうすれば良いですか?

役に立つという保証はありませんが、初心者向けの内容を動画講座解説講座にて案内しています。
動画以外にもこのブログの上部にある目次から、様々な情報にアクセスできます。

公開動画一覧:YouTube 再生リスト

なぜ頻繁にsqdとチャットをしているのですか?

sqdは分隊(Squad)を表し、「私の分隊に空きがあるから入れ」という意味です。

sqd 2なら「2人空きがあるぞ」、sqd 3なら「3人空きがあるぞ」となります。
このチャットを行うことにより、私の分隊に入りたいプレイヤーを集めることができるのです。

また分隊行動ができる常連プレイヤーからVolx sqdとチャットされた場合には、
分隊内から分隊員をキックして、常連プレイヤーのために枠を空けることもあります。

分隊行動参考動画:世界1位10冠のおしゃべり神分隊 ♯242

マップを見過ぎではないですか?

私は基本的に目視で索敵を行わず、常時ミニマップか全体マップを見ています。

安全か危険かの判断は味方および敵の位置と視線、スコアの変動値を組み合わせた情報で行っています。
目視だと視野は1つですが、ミニマップであれば映っている人数分の視野で索敵が可能なのです。

また味方の位置から得た安全な場所を脳内マップへ色づけながら進むため、やはりマップだけ見ます。
目視を利用するのは敵を発見した時や、マップ分布や周囲の状況から敵の臭いがする時ぐらいです。

マップ分析の基礎的な方法は右メニューバーの下部にある、分析問題特集にまとめています。

参考記事:初心者向けの基本移動ルートとタイルイメージ

アカウントはいくつありますか?

メインアカウント1つ、サブアカウント1つ、ゲームタイムアカウント3つで合計5つです。

Volx_jp:メインアカウント (諸事情によりプレイ制限)
volx_jp-noob:サブアカウント (リクエスト対応・ネタプレイ用)

spm

volx_jp-1st:1つ目のゲームタイムアカウント (SPM世界1位到達用)
volx_jp-2nd:2つ目のゲームタイムアカウント (SPM世界2位到達用)
volx_jp-3rd:3つ目のゲームタイムアカウント (SPM世界3位到達用)

武器&ガジェット関連

ピストルしか使用できないのですか?

いいえ。

後述の理由からピストルサーバに通っているだけです。
高度なAIMが必要なスナイパーライフルやDMR以外は、一般プレイヤーレベルで使用できます。

それでも他のプレイヤーに比べ命中率が低いのは、牽制射撃を多用しているからです。
ピストルが活用できるのに、プライマリが活用できない道理はないでしょう。

参考動画:再生リスト(通常ロッカー)

なぜ93Rを使用するのですか?

自身の検証によりピストルの中で最もTTKが高く、全距離に対応できることが立証されているからです。
同じTTKのG18は距離に比例して精度が大きく低下し、全距離でのキル効率が93Rに劣ります。

参考記事:ピストル解説とデータテーブル(BTK・KIM・TTK)

93Rのオススメ構成とは?

とくに思い浮かびません。
私の構成はアイアンサイト・レーザーサイト・サプレッサー固定です。

なぜアイサンサイトを使用するのですか?

光学サイトに必ず存在する枠が邪魔だからです。
枠の影響でキル効率が下がり、また自身の生存率低下も招いてしまいます。

参考記事:等倍率サイトの特徴(ピストル編)

なぜレーザーサイトを使用するのですか?

退き撃ちを多用する私のプレイスタイルに、腰撃ち精度の上昇という効果が合致するからです。
ただでさえAIMの能力に劣るため、レーザーサイトを使用して相殺しなければなりません。

参考記事:レーザーサイトの効果と選択方法

なぜサプレッサーを使用するのですか?

私がマップで戦うプレイヤーだからです。
マップに映ること=どれだけ不利になるかを熟知しているため、サプレッサー無しは考えられません。

弾速の低下は先行牽制射撃で、腰撃ち時の精度低下は退き撃ちの多用で打ち消します。

参考記事:様々な空撃ち方法(牽制射撃・索敵射撃・拡散射撃)

なぜグレネードを的確な場所へ投げることができるのですか?

Battlefield 1942から使用している、私のメイン武器だからです。
と言ってもスパムではなく、手持ちの手榴弾数を有効活用するために練習した成果です。

Battlefield 2における手榴弾の成績は、KD比16.77・命中率40.10%と他には負けないはずです。

なぜ味方蘇生時の体力が34なのですか?

フィールドアップグレードに衛生兵を選択しているからです。
この衛生兵でレベル3に到達すると除細動器の充電時間が2倍になり、蘇生の下限が34に固定されます。

参考記事:除細動器の使用方法と無理蘇生の是非

なぜフラッシュバンを食らっても移動できるのですか?

プレイ中のマップを脳内に展開しているからです。
この脳内マップにマウスの移動量とキーを押す長さから、自身の移動量を反映させています。

その他

チートですか?

違います。
チート・マクロともに、これまで一度も使用したことはありません。

ただしBattlefield 2時代にStatsをハックされ、総合スコアが1億以上に上昇したことがあり、
この時だけはEAに事情を説明しStatsを復旧してもらったことがあります。

これは当時の世界ランキングトップ10全員が経験しているため、知っているプレイヤーも多いはずです。

なぜ歩兵マップばかりプレイするのですか?

兵器マップをプレイする必要がないからです。
あまり知られていないようですが私は元兵器乗りで、兵器と歩兵のプレイ時間はほぼ同等です。

そのためイベント戦やクラン戦も、よほど力を入れる内容で無い限り現場合わせで事足ります。
現にこれまで、そのような形で対応してきた経験があります。

参考記事:BF2国内戦 AJBF(All Japan BattleField)の過去回想

なぜロッカーばかりプレイするのですか?

私がシューティングではなく、マップ分析から成るパズル要素を目的としてプレイしているからです。
他のマップではマップ分析を行える頻度が減少し面白みに欠け、また拠点間の移動時間も無駄です。

ロッカーという同じマップと言えど、全く同じ試合内容は存在しないため飽きることはありません。
私はBattlefield 2以降、そのタイトルで最も戦闘頻度の高いマップのみプレイしています。

例えるならロッカーは9×9マスの将棋、他のマップは18×18マスの将棋です。
場に存在する駒の数は双方合計で最大64個と変化しないため、後者がつまらないのは自明の理。

9×9マスでも考えることは無数にあり、充分奥深いのです。

参考ページ:再生リスト(通常ロッカー)

ロッカーばかりで飽きませんか?

全く飽きません。
というより、ロッカーを除いた他のマップではチームプレイの意識が低く、ストレスが多すぎます。

BF1942の煙草、BF2のHNJ・初期bananaなどのサーバが存在するなら喜んでプレイするでしょう。

なぜピストルサーバでばかりプレイするのですか?

爆発物ありのロッカーは、C近辺で試合が膠着するからです。
とくにアジア方面ではこの傾向が顕著で、先の拠点を制圧する姿勢は全くみられません。

その点ピストルサーバは範囲ダメージがない分、試合の流動性が格段に高いです。
少し行動可能範囲が広くなったドミネーションマップだと例えれば、わかりやすいでしょうか。

さらに他のマップではマップが読めないプレイヤーや芋が増加し、プレイする価値がありません。

普通のコンクエスト動画はありますか?

Battlefield 4では兵器の存在するプレイ動画を公開していません。
Battlefield 2のイベント戦や国際戦の動画を公開しているため、そちらをご覧下さい。

参考記事1:BF2国際戦 Strike at Karkandの過去回想
参考記事2:ニコニコ動画マイリスト(BF2 Play Movie)

なぜバニーホップをするのですか?

大きな理由はダメージ判定のズラシ効果と移動速度上昇効果のあった、Battlefield 2の名残です。
Battlefield 3では移動速度のみの上昇に留まり、Battlefield 4ではその効果も削減されました。

しかし未だにスプリントに比べると僅かに速く、ヘッドショット回避効果は以前のまま。
ジャンプしてから着地するまでの42F間に敵と戦闘することがない限り、デメリットはありません。

参考記事:リーンの方法とバニーホップの効果

マップ分析精度を向上する方法とは?

場慣れです。

まずはとにかくミニマップを確認して、敵プレイヤーーが何を考えているか推測する癖をつけましょう。
キルされた場合にはその原因を顧みて、その原因に至った経緯を少しずつ取り除いてきます。

分析精度が向上しミニマップだけでは窮屈に感じてきたら、つぎは全体マップの出番です。
自軍と敵軍の分布や視線、停止していた時間などからマップに現われていない要素を推測していきます。

参考動画:JPL vs ML 日米国際戦 [140921]

分隊員をキックする条件とは?

1.援護兵・衛生兵で支援を行わない(パックをまかない・蘇生しない)
2.分隊員の邪魔をする行動を行う(扉を閉める・不要な射撃音を立てる)
3.VCで歌い始める・喚く
4.分隊長の指示に従わない

分隊員キックの理由はこれくらいでしょうか。
もちろん一応の警告を行い、すぐにキックしないようには留意しています。

プレイ中意識していることは?

マップ分析を駆使して誰よりも速く敵を察知し、最適な移動を行うこと。
さらに察知した敵と対峙する位置・向き、推測されるキャラ特性にあった最適な行動を選択すること。

この2点です。

つまり状況判断とその対処方法において、サーバ内の他プレイヤーに負けないということです。

手元プレイが見たい

YouTubeの再生リストにまとめています。

PC環境が知りたい

Negitakuのプロフィールにまとめています。

キーボードとマウス設定を知りたい

ゲーム向けのキー&マウスコンフィグ一覧にまとめています。

感度の設定を知りたい

ハイセンシのメリットとローセンシのメリットにまとめています。

キャプチャソフトは何を使っていますか?

NVIDIA純正のShadowPlayで、低画質×手動録画設定です。
無劣化結合と無劣化分割は、UniteMovieやAviUtlを使用しています。

参考記事:ShadowPlayの使用方法

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ