【Twitch】Amazonゴールドカードの違いと作成方法【Prime】

投稿日:2018年12月28日 更新日:

amazon-gold-card

Amazonプライム特典が使い放題になる、保険付きクレジットカードのAmazon Mastercardゴールド。
今回の記事ではこの「Amazon Mastercardゴールド」とクラシックカードの違いや、作成方法を解説します。


注意点

この記事の内容は記事作成時点のものです
今後規約が変更される可能性があるため、最新の規約やレビューなどを必ず確認して下さい

 

Amazon Mastercardゴールドの利点

Amazon Mastercardゴールドは、Amazon.co.jpの利用頻度が多いなら作って損のないクレジットカードです。
さらに「毎月の支払い」や「利用明細」で条件を満たすと「年会費4,400円」で所持することができます。

Amazon Mastercardゴールドの良さは、この年会費4,400円がプライム会員価格を下回ること。
プライム会員を含む充実したゴールドカードのサービスを受けつつ、プライム会員登録は不要となります。

Amazon Mastercardゴールドの利点

  • Amazonプライム特典が付属している(Twitch Prime付き
  • 全国主要空港ラウンジサービスが利用できる
  • 海外旅行傷害保険や国内旅行保険が付属している
  • ショッピング補償が手厚く、利用枠も大きい
  • Amazon.co.jpでの利用で、ポイントが2.5%も貯まる
  • 年会費11,000円が、条件次第で「4,400円」になる

クラシックカードとの詳細比較

Amazon.co.jpが扱うクレジットカードには、下位にあたる「Amazon Mastercardクラシック」もあります。
しかしこちらは「Amazon Mastercardゴールド」と違い、保険やポイント付与の部分で劣っています。

カード内容比較ゴールドカードクラシックカード
カードデザインq?_encoding=UTF8&ASIN=B0092VB6VK&Format=_SL110_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22&language=ja_JPir?t=utf-8-e3-22&language=ja_JP&l=li1&o=9&a=B0092VB6VKq?_encoding=UTF8&ASIN=B0092VO0LI&Format=_SL110_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22&language=ja_JPir?t=utf-8-e3-22&language=ja_JP&l=li1&o=9&a=B0092VO0LI
初年度年会費11,000円無料
年会費11,000円1,375円
最低年会費4,400円 ※1無料 ※2
家族カード無料(3枚まで)
ETCカード ※3550円(年間)
利用締め日月末
支払日末日締め26日払い
Amazonプライム付属年会費4,900円
全国主要空港ラウンジサービス無料×
海外・国内旅行保険あり×
その他付帯保険ショッピング補償最高300万円ショッピング補償最高100万円
総利用枠50~200万円10~80万円
カード利用枠(カードショッピング)50~200万円10~80万円
リボ払い・分割払い利用枠0~200万円0~80万円
キャッシング利用枠0~50万円
キャッシング利率15.00%18.00%
Amazon.co.jpでの利用特典ポイント2.5%ポイント最大2%
Amazon.co.jp以外での利用特典ポイント1%
国際ブランドMastercard
発行会社三井住友カード株式会社

※1 ⇒ マイ・ペイすリボへの登録と、前年度に1回以上のカード利用で「年会費5,500円割引」
     カードご利用代金WEB明細書サービス有効、過去1年間に6回以上の請求で「年会費1,100円割引」
※2 ⇒ 初年度年会費無料。年1回以上のカード利用で「翌年度無料」
※3 ⇒ 初年度年会費無料。2年目以降は前年度に1回以上ETCの利用による請求があれば「翌年度無料」

年会費を最低化する方法

Amazon Mastercardゴールドの年会費を「最低の4,400円にする」には、いくつかの「工夫」が必要です。

重要な点は、まずカード発行時に「マイ・ペイすリボ」を申し込むこと。
そしてカード到着後に「マイ・ペイすリボの金額設定」を変更することです。

とくに後者を怠ると、カードの利用が全て「リボ払い」になる危険性を秘めています。

年会費を最低化する方法

  • Amazon Mastercardゴールドに「新規」で申し込む
  • 申込みの途中で「マイ・ペイすリボのお支払い金額」を「3万円」で有効にする
    (クラシックをすでに所持している場合は、グレードアップ時設定不可。翌年度から可能?)
  • カード利用代金WEB明細サービスを「有効」にして進める
  • カードが到着したら「マイ・ペイすリボのお支払い金額」を、カードの利用上限まで引き上げる
  • 請求期間(1年間)に6回以上の請求(カード決済)を行う

ゴールドカードの作成方法

Amazon Mastercardゴールドを申し込むためは、まず下のボタンから「申し込みページ」進みます。

つぎに画面の指示に従って「申し込みボタン」を選択します。

amazon-gold-card-01

Amazon Mastercardの会員規約画面が開いたら、画面を下にスクロールします。

amazon-gold-card-02

重要事項や会員規約・特約を確認し「次のページ」へ進みます。

amazon-gold-card-03

申込者の個人情報を入力します。

amazon-gold-card-04

最下部の金融機関を選択したら「次のページ」へ進みます。

amazon-gold-card-05

申込者の勤務先情報を入力します。

amazon-gold-card-06

次のページに進む前に「マイ・ペイすリボ」に申し込み、支払金額を上限の3万円にします。
この手順は任意ですが、カードの年会費を下げたいのであれば申し込みするべきだと言えます。

amazon-gold-card-07

カードに関する情報を入力します。

amazon-gold-card-08

カード利用代金WEB明細サービスが有効になっていることを確認し「次のページ」へ進みます。

amazon-gold-card-09

これまで入力した内容を確認します。

amazon-gold-card-10

もう一度、カード利用代金WEB明細サービスが「有効」になっていることを確認します。

amazon-gold-card-11-1

入力情報を送信すると、Amazon Mastercardゴールドの申し込みは完了です。

amazon-gold-card-12

ゴールドカードが届いたら

Amazon Mastercardゴールドの審査に通過すると、カードが自宅へ到着します。
カードが到着したらすぐに使える状況ではありますが、使う前に必ずVpassに登録しておきましょう。

理由は前述した「マイ・ペイすリボ」の支払金額を、このVpassから変更しなければならないためです。
この手続きを行っていないと、3万円以上の買い物が自動でリボ払いになってしまいます。

amazon-gold-vpass-register-150x150
【三井住友】AmazonゴールドカードをVpassに登録する方法

Amazonのショッピングでポイントが2.5%還元される、クレジットカードのAmazon Mastercardゴールド。
今回の記事ではこの「Amazon Mastercardゴールド」が発行された後、Vpassに登録する方法を解説します。

続きを見る

 

よく読まれている記事

-Amazon, 日記

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2021 All Rights Reserved.