【68ANREADER-B2A】Ankerのメモリカードリーダーレビュー【ベンチマーク】

2021年8月11日

anker-68anreader-b2a-review

microSDとSDを同時に認識可能なカードリーダーとして、圧倒的なレビュー数を誇る68ANREADER-B2A。
今回の記事ではこのAnkerのカードリーダー「68ANREADER-B2A」を、ベンチマークで検証してみます。


68ANREADER-B2Aの特長

Ankerのカードリーダーである「68ANREADER-B2A(AR200)」の特長をまとめました。

68ANREADER-B2Aの特長

  • microSDカードだけでなく、SDカードも同時に認識することができる
  • 最大5Gbpsの高速データ転送を可能する、USB3.0に対応している
  • 使用に際して、面倒なドライバのインストールが必要ない
  • 場所をとらないコンパクトサイズを採用しており、別途電源供給も不要である
  • 最大24ヶ月の製品保証が付属している(18ヶ月 + Anker会員の場合6ヶ月追加)

68ANREADER-B2Aの製品内容

68ANREADER-B2A(以下:カードリーダー)のパッケージは紙製です。

anker-68anreader-b2a-review-01

パッケージの裏面には、主にメーカーの紹介やサポートについて記載されています。

anker-68anreader-b2a-review-02

パッケージを開梱すると、プラスチックケースに入ったカードリーダーが現れます。
ただしこれは持ち運び用ではなく、あくまで製品保護用のケースといった印象です。

anker-68anreader-b2a-review-03

ケースからカードリーダーを取り出したところです。
製品はよく「高級感のあるピアノブラック」と謳われる、光沢感のある黒色です。

anker-68anreader-b2a-review-04

側面にはmicroSDカードスロットと、その下部にSDカードスロットを備えています。

anker-68anreader-b2a-review-05

もう片方には各種マークや、もうひとつの型番である「AR200」が確認できます。

anker-68anreader-b2a-review-06

本体裏面は無地であり、とくに記載はありません。

anker-68anreader-b2a-review-07

背面にはシリアルナンバーのシールが貼られています。

anker-68anreader-b2a-review-08

microSDカードは、カードの表面を「Ankerというロゴがある方向」に挿入します。
逆にSDカードは、カードの表面を「ロゴのない無地の方向」に挿入します。

anker-68anreader-b2a-review-09

SDカードを挿入したのときの向き①です。

anker-68anreader-b2a-review-11

SDカードを挿入したのときの向き②です。

anker-68anreader-b2a-review-12

カードリーダーの重量は、実測で約11gでした。

anker-68anreader-b2a-review-10

68ANREADER-B2Aのカード優先度

このカードリーダーへ、同時に「microSDカード」と「SDカード」を挿入したとします。
するとドライブレターは後者の「SDカード」が優先され、その後「microSDカード」が認識されます。

anker-68anreader-b2a-review-slot

68ANREADER-B2Aのベンチマーク

自身が所持しているSDカードから、こちらの4種類をベンチマークに利用してみました。
最近購入した「MB-SD32H/EC」を除き、microSDカードを同時に入れた状態でも計測しています。

anker-68anreader-b2a-review-sd-card-list

・Samsung「MB-SD32H/EC」
・Kingston「SDS/64GB」
・Silicon Power「SP032GBSDHAU1V10」
・Kingston「SDCG/64GB」

またベンチマークの計測に利用したのは、著名な「CrystalDiskMark」の8.0.4 x64です。

ベンチマークによる寿命への影響を防ぐため、利用したのは「1GiBのみ」です。
そして各メモリカードは「SDメモリーカードフォーマッター」にて初期化後、ベンチマークを行っています。

計測に使用したのは、マザーボードの「USBポート直結(USB 3.1 Gen 2)」です。

ベンチマーク計測PC内容
OSWindows 10 Pro 64bit
マザボードASUS「TUF Z390-PLUS GAMING」
CPUIntel「Core i9-9900K」
メモリCorsair「CMK16GX4M2A2666C16」
グラフィックカードGIGABYTE「GV-N2070WF3-8GCC1」
ストレージIntel「SSDPEKKW256G8」
電源Cooler Master「RS750-AMAAG1-JP」

MB-SD32H/EC

レビュー写真撮影用のミラーレス一眼「X-A5レンズキット」と同時に購入した32GBのSDHCカードです。
今回検証した中では最も速い転送速度を記録しており、実際の使用感も快適そのものです。

mb-sd32h-ec-format

mb-sd32h-ec-benchmark-2

SDS/64GB

かつてKingstonから提供を受けた、64GBのSDXCカードです。
スタンダードなデザインとは裏腹に、実使用で必要十分な読書速度を実現しています。

尚この「SDS/64GB」に限らず、今回の検証ではmicroSD同時挿入時でも速度の低下は見られませんでした。

sds-64gb-format

sds-64gb-benchmark

SP032GBSDHAU1V10

前述した「X-A5レンズキット」を購入するまで使用していた、32GBのSDHCカードです。
使用しているときは気づきませんでしたが、書き込み速度が低い傾向にあります。

一つ前のカメラもミラーレス一眼で「RAW+jpg撮影」でしたが、全く気づきませんでした……

sp032gbsdhau1v10-format

sp032gbsdhau1v10-benchmark

SDCG/64GB

こちらもかつてKingstonから提供を受けた、64GBのmicroSDXCカードです。
当サイトでは2017年にレビューしており、発売から4年経つものの速度は速いほうです。

また今回の検証の中で「microSD+SDの同時挿入時」は、このカードを使用して計測しています。

sdcg-64gb-09-320x240

sdcg-64gb-format

sdcg-64gb-benchmark

68ANREADER-B2Aのレビューまとめ

68ANREADER-B2Aはこれまで使用していたカードリーダーに代わり、新たに購入した製品です。
正直あまり期待していませんでしたが、転送速度が速いうえに意図しない認識切断もありません。

そのため「メモリーカードのデータを扱う」というカードリーダーの機能については、現状ほぼ満点です。

しかしながら個人的には「光沢感のあるデザイン」と「カードの挿入方向」が気になる欠点。
とくに後者は隣に差し込んだUSBデバイスと干渉する可能性があり、小さくないマイナスポイントです。

  • USB3.0に対応しており、十分な転送速度を実現している
  • 不意の認識切断がなく、30GBを一度に転送しても安定している
  • microSDカードとSDカードを同時に挿入しても、転送速度に影響しない
  • 光沢感のあるボディを採用しているため、指紋汚れが目立ちやすい
  • 側面にカードを挿入するデザインのため、隣のUSBポートと干渉する
Anker「68ANREADER-B2A」
総合評価 4.0

★★★★★

SDメモリーカードフォーマッターの使用方法

ちなみに「SDメモリーカードフォーマッターの使用方法」は、別記事で詳しく解説しています。

sd-card-formatter-user-guide-150x150
【公式推奨】SDメモリーカードフォーマッターの使用方法【初期化】

SDA発行のSD File System Specificationに準拠した、初期化ツールであるSDメモリーカードフォーマッター。
今回の記事ではこの「SDメモリーカードフォーマッター」のダウンロードから、使用方法までを解説します。

続きを見る

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazon.co.jpのタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062

続きはこちら ⇒ 最新のレビュー記事を見る

よく読まれている記事

-スマホ, パソコン, レビュー