【Besiege】キーボード設定と日本語化する方法【操作方法】

besiege-keyboard-setting-japanese

中世の攻城戦部隊を構築できる、物理学を利用したマルチプレイ対応ビルディングゲームのBesiege。
今回の記事ではこの「Besiege(ビシージ)」を日本語化する方法や、キーボード設定について解説します。


日本語化する方法

Besiegeを日本語化するには、まずトップメニューの右上から「オプション」に進みます。

besiege-change-japanese

続いて「Generalタブ」から「Language」に進み、標準の「English」を「日本語」に変更します。

besiege-change-japanese-2

すると画面上の内容が、わかりやすい日本語で表示されるようになります。

besiege-change-japanese-3

キーボード設定

Besiegeの「キーボード設定」です。
設定できる項目は「一般・建造中・追加ツール・レベルエディタ」の4種類があります。

besiege-keyboard-setting

キーボード設定で注意すべき点は、設定を変更できるキーと変更できないキーが存在することです。
項目の右側に「デフォルトに戻す」機能を持つ円のようなマークがあるものだけが、変更対象です。

besiege-keyboard-setting-2

一般

一般デフォルト設定
設置 / 操作左クリック
シミュレーションのスタート / ストップSpace
カメラ移動W / A / S / D
カメラ回転右クリック
クリックでオブジェクトをクローズアップホイールクリック
カメラ移動ホイールクリック
スクロールでズームホイール上 / ホイール下
UI オン / オフの切り替えTab
エスケープEsc
カメラをリセットF1
さらなるマシン情報を表示F2
プレーヤーリストF3
スクリーンショットの撮影F12
コンソールを開く左Ctrl + K

建造中

建造中デフォルト設定
ブロックを削除Delete / X
設置後のブロックを切り替え / 反転F
設置前のブロック90度回転R
情報をコピー左Ctrl + C
情報をペースト左Ctrl + V
元に戻す左Ctrl + Z
やり直す左Ctrl + Y / 左Ctrl + 左Shift + Z
ブロック検索左Ctrl + F

追加ツール

追加ツールデフォルト設定
切り替えなし
移動ツールを有効にするなし
回転ツールを有効にするなし
ミラーツールを有効にするなし
設定ツールなし
追加でオブジェクトを選択左Shift
押している間、グリッドスナップを切り替え左Ctrl
押している間、変形軸を切り替え左Alt
全てのブロックを選択左Ctrl + A
選択ブロックの反転左Ctrl + I(アイ)
選択中のオブジェクトをコピー左Ctrl + D
面の切り離し左Ctrl + B

レベルエディタ

レベルエディタデフォルト設定
移動ツールを有効にする1
回転ツールを有効にする2
スケールツールを有効にする3
ミラーツールを有効にする4
設定ツール5
追加でオブジェクトを選択左Shift
押している間、グリッドスナップを切り替え左Ctrl
押している間、変形軸を切り替え左Alt
ランダム配置の切り替えB
設置前のオブジェクトを45度回転R
設置前のオブジェクトを10%拡大T
設置前のオブジェクトをフォーカスC
設置前のオブジェクトを選択左Ctrl + A
設置前のオブジェクトをコピー左Ctrl + D

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazon.co.jpのタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062

よく読まれている記事

-ゲーム