ジップラインとグラッピングフックの使い方

2014年07月02日 [BFH]

Battlefield 2の拡張パック以来となるであろう、移動ルートを拡張する2つのガジェット。
今回の記事ではそのジップラインとグラッピングフックの使用方法に加えて、基本的な解説を行います。

解説元動画

出撃準備について

ready-01

まずサーバにログインすると、準備が完了しだい右下のReadyを押しましょう。

ready-02

すると準備待機人数にカウントされます。
例図では自軍は規定人数に達しており(6/6)、敵軍の準備を待っている状況(5/6)です。

ready-03

敵軍のプレイヤーがReadyを押したため、ラウンドの開始待機状態になりました。
10秒のカウントダウン終了後に、自動的に選んだ拠点や車両から出撃できます。

もしReadyを押さなくとも、60秒+10秒でラウンドが開始される仕様です。

グラッピングフックの使い方

hook-01

グラッピングフックを構えて建物に照準を合わせると、このようなマークが確認できます。
このマークではグラッピングフックを射出できず、目標地点を変更する必要があります。

グラッピングフックは青いラインで表示されている場所に限り、使用できるようです。

hook-02

少し目標を変更し、このマークになったら左クリックを押しましょう。
するとグラッピングフックが射出され、目標地点から垂直に垂れ下がります。

hook-03

その後接近してEボタンを押すとグラッピングフックに掴まり、Wボタンで登り始めます。
登っている状態ではマウスで視点の移動が行え、Spaceボタンで飛び降りることもできます。

ジップラインの使い方

zipline-01

グラッピングフックと同じく、このマークではワイヤーが射出できません。

zipline-02

目標地点を変更してこのマークになったら、左クリックで射出しましょう。

zipline-03

するとジップラインが設置され、Eボタンで滑走できるようになります。

zipline-04

滑走状態になったら、EボタンもしくはSpaceボタンで降下も行えます。

zipline-all

ワイヤーの射出可否を表すマークの一覧です。
左から高すぎる目標、射出可能な目標、低すぎる目標を表しています。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ