【メモリ解放】デスクトップウィンドウマネージャーの対策方法【dwm.exe】

desktop-window-manager-memory

パソコンを使用中になぜかどんどんメモリの使用量が増えていく、デスクトップウィンドウマネージャー。
今回の記事では場合によってはフリーズまで引き起こす、この「dwm.exe」のメモリ解放方法を解説します。


トラブルの状況

今回のトラブルは「デスクトップウィンドウマネージャー」が大量のメモリを使用することにあります。
場合によっては数GBのメモリを使用し、使用しているその他のソフトを強制終了させ続けていました。

desktop-window-manager-memory-2

プロセスの終了

一般的にプログラムが異常を起こしたとき、まず試すのは該当プロセスの「終了」です。

しかしながら今回の「デスクトップウィンドウマネージャー」は、システムとの関連性が高い模様。
左側のチェックボックスを利用して終了させることもできますが、シャットダウンを引き起こします。

desktop-window-manager-memory-3

再起動

パソコンやスマホに限らず家電でさえも、何らかの不具合したらとりあえず行うのが「再起動」です。
今回の例でもトラブルへの対策として利用しましたが、どうやら根本的な解決方法が必要でした。

なぜなら再起動後であればシステムも安定するのですが、しばらく経つとまたメモリ使用量が増加。
その結果「再起動する前と同じ状況」に至るため、この再起動はあくまで一時しのぎにしかなりません。

desktop-window-manager-memory-4

Windows Update

システムがトラブルを起こしているのであれば、ソフトウェアアップデートは欠かせません。
この「Windows Update」は更新プログラムの確認とも呼ばれ、Windows自体の更新を行う操作です。

ほとんどの状況においてWindows Updateさえ行えば、トラブルが解消され安定動作が見込めるはずです。
――補足としてWindows Updateを行うには「設定」を「更新」で検索し「更新プログラムの確認」です。

desktop-window-manager-memory-5

ドライバーの更新

私の場合、上記の方法を試しても「デスクトップウィンドウマネージャー」がメモリを使用し続ける状態。
そのため原因のひとつとして挙げられていた、グラフィックドライバーの更新を試してみることにしました。

ドライバーのダウンロード

私はIntelのCPUを使用しているため、グラフィックドライバーの更新には「Intel」を利用します。

Intel

Intelに移動したら、ご利用可能なダウンロードから「最新のドライバー」をダウンロードします。

desktop-window-manager-memory-6

ドライバーのインストール

Intelのサイトでダウンロードした「igfx_win_101.1340.exe」を実行します。

graphic-driver-icon

グラフィックス・ドライバー・インストーラーが起動したら「インストールを開始」します。

graphic-driver-update

インテル・ソフトウェア使用許諾契約を確認し、問題なければ「同意します」から次に進みます。

graphic-driver-update-2

ファイルのダウンロードとインストールを始めるため「開始」で次に進みます。

graphic-driver-update-3

しばらくして『インストールが完了しました。』と表示されれば、ドライバーの更新は完了です。

graphic-driver-update-4

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazonタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062楽天スーパーDEAL

おすすめメーカーやクーポンセールも ⇒ ゲーミングデバイス祭りimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062

よく読まれている記事

-パソコン