【Destiny 2】光の終焉の通常版と年間パスの違い【特典比較】

destiny-2-lightfall-edition-tigai-hikaku-spec

Destiny 2で訪れたどの場所とも全く異なる、秘密の先進都市「ネオムナ」を舞台にしたDLCである光の終焉。
今回の記事ではこの「Destiny 2」のスタンダード版と光の終焉+年間パスの違いや、動作環境を比較します。

Destiny 2 光の終焉とは?

海王星を探索し、新レイドや「光の終焉」伝説モードに挑める「ダウンロードコンテンツ」のことです。
暗黒の力を操って現実の糸を手繰り寄せるサブクラス「ストランド」が追加され、ビルドの幅が広がります。

Destiny 2 公式サイト

Destiny 2の公式Twitter紹介

Destiny 2の「公式Twitter」です。

通常版と光の終焉 + 年間パスの違い

Destiny 2の通常版(スタンダード版)と「光の終焉 + 年間パス」の違いをまとめました。
双方の違いはシーズン21以降のシーズンパスや、豊富なゲーム内コンテンツの追加にあります。

エディション比較通常版通常版+年間パス
税込価格5,500円10,900円
通常版との価格差-+5,400円
コンテンツの数716
エキゾチックゴースト先行予約先行予約
レジェンダリーエンブレム先行予約先行予約
エキゾチックオートライフル「クイックシルバー・ストーム」-先行予約
エキゾチック感情表現-先行予約
新しいストーリーミッションと伝説モード
新しい力: ストランド
新しいレイド
新しいエキゾチック装備
シーズン20のシーズンパス
シーズン21のシーズンパス-
シーズン22のシーズンパス-
シーズン23のシーズンパス-
「光の終焉」の迷宮の鍵-
クイックシルバー・ストームの媒体と装飾-
「光の終焉」のエキゾチックスパロー-
ラフールの秘蔵品4個(各シーズンにつき1つ)-

ラフールの秘蔵品4個の内容

光の終焉 + 年間パスに付属する「ラフールの秘蔵品4個の内容」をまとめました。

ラフールの秘蔵品4個の内容

  • 亜空間合金×2個
  • アセンダントの破片×3個
  • エキゾチック暗号×1個
  • アップグレードモジュール×5個
  • エキゾチックのコスメティックアイテム×1個

最低動作環境と推奨動作環境

Destiny 2の「最低動作環境」と「推奨動作環境」です。

動作環境比較最低動作環境推奨動作環境
注記64bit CPUと64bit OSが必要
OSWindows 10 / 8.1 / 7 いずれも64bit
(最新のサービスパック適用済み)
CPUIntel Core i3-3250
Intel Pentium G4560
AMD FX-4350
Intel Core i5-2400
Intel Core i5-7400
AMD Ryzen 5 1600X
メモリ6GB RAM8GB RAM
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 660(2GB)
NVIDIA GeForce GTX 1050(2GB)
AMD Radeon HD 7850(2GB)
NVIDIA GeForce GTX 970(4GB)
NVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)
AMD Radeon R9 390(8GB)
ネットワークブロードバンドインターネット接続
ストレージ105GB以上の空き容量

引用元:Destiny 2

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazonタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062楽天スーパーDEAL

おすすめメーカーやクーポンセールも ⇒ ゲーミングデバイス祭りimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062

よく読まれている記事

-ゲーム