防水対応のサドルバッグ レビュー

2016年01月18日 [日記]

防水性・耐摩耗性・耐久性に優れた、1680Dポリエステル生地採用のサドルバッグir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B018IAJR6Q
今回の記事では5.5インチのスマホまで収納可能なケースも付属した、この商品をレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B018IAJR6Q&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B018IAJR6Q

Ohuhu – サドルバッグir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B018IAJR6Q

サドルバッグのポイント

高耐久
防水性・耐摩耗性・耐久性に優れた、1680Dポリエステル生地採用です。
ケース付属
自転車のフレームに取り付けられる、スマホケースが付属しています。
安全設計
バッグの一部には、夜間の視認性を高める反射材も備えています。

商品説明

saddle-bag-01-320x240

パッケージには、様々な文字列が掲載されています。

saddle-bag-02-320x240

商品内容はサドルバッグ、スマホケース、フレームマウンタの3点です。

saddle-bag-03-320x240

サドルバッグには1680Dポリエステル生地が採用されており、しっかりした感触です。

saddle-bag-04-320x240

背面の中央にはメーカーロゴが存在します。

saddle-bag-05-320x240

この開け口には、ダブルファスナーを採用しています。

saddle-bag-06-320x240

内部はこのような状態になっています。

saddle-bag-07-320x240

付属しているスマホケースです。
サドルバッグと同様に、ダブルファスナーを採用しています。

saddle-bag-08-320x240

背面にはフレームマウンタの取り付けパーツがあり、上部にはカラビナを備えています。

saddle-bag-09-320x240

スマホケースを開いたところです。

saddle-bag-10-320x240

ここを開いて、スマホを収納する設計です。

saddle-bag-11-320x240

フレームマウンタは、画像右のネジを用いて自転車のフレームに取り付ける設計です。

saddle-bag-12-320x240

フレームの太さに合わせて、ゴムパーツを取り除くこともできます。

saddle-bag-13-320x240

ゴムパーツは2種類有り、両方使う、大を使う、小を使う、両方使わないの4通りが選べます。

saddle-bag-14-320x240

スマホケースに、フレームマウントを取り付けてみました。

saddle-bag-15-320x240

360度回転するため、スマホを縦でも横でも使うことができます。

saddle-bag-16-320x240

横からみた状態です。

まとめ

素材に採用した1680Dポリエステル生地により、耐久性に期待ができそうなサドルバッグです。
サドルバッグの周囲には反射を採用し、夜間の視認性向上に配慮されています。

またサドルバッグだけでなく、自転車のフレームに取り付けられるスマホケースが付属。
このケースには5.5インチまでのスマホを収納でき、収納したままタッチ操作も可能です。

さらにこのスマホケースは回転にも対応するため、縦ではなく横向きでも使用できる設計。
気になる点があるとすれば、ケースとマウントがガッシリかみ合うため少し脱着しにくいことです。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ