G2000 ゲーミングヘッドセット レビュー

2016年01月27日 [日記]

50mmのネオジムドライバーを搭載した、ゲーミングヘッドセットのG2000ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B012NLHDNA
今回の記事では柔らかいイヤーパッドで長時間プレイできるという、この商品をレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B012NLHDNA&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B012NLHDNA

VersionTech – ゲーミングヘッドセット G2000ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B012NLHDNA

G2000のポイント

50mmドライバー
50mmのネオジムドライバーを搭載し、迫力のサウンドを実現しています。
密閉式構造
環境音を抑制することでゲームに集中できる、密閉式を採用しています。
快適設計
肌にやさしいレザー素材と、柔らかいイヤーパッドを備えています。

商品説明

g2000-01-320x240

パッケージ中央には、重厚感のある写真が使われています。

g2000-02-320x240

商品内容はヘッドセット、取扱説明書、保証書の3点です。

g2000-03-320x240

筐体のカラーには、光沢のあるブラックと鮮やかなオレンジを採用しています。

g2000-04-320x240

マイクは可動式となっていますが、あくまで角度のみです。

g2000-05-320x240

マイクの先端を口元に寄せることはできません。

g2000-06-320x240

ヘッドバンド付近には、シルバーカラーのパーツが使われています。

g2000-07-320x240

ヘッドバンドを伸ばした状態です。

g2000-08-320x240

登頂部のデザインです。

g2000-09-320x240

クッションは柔らかく、装着感に不満はありません。

g2000-10-320x240

左右のデザインの違いは、マイクの有無くらいです。

g2000-11-320x240

イヤーパッドです。

g2000-12-320x240

厚みは問題ありませんが、構造の関係で少し側圧が強めです。

g2000-13-320x240

ケーブルの途中に存在するコントローラーです。

g2000-14-320x240

マイクのミュートや、ボリュームコントロールが行えます。

g2000-15-320x240

ケーブルはメッシュタイプになっており、取り回しはしやすいです。

g2000-16-320x240

先端には4極のステレオミニプラグと、USBコネクタを搭載しています。
USBコネクタはヘッドセットに内蔵された、LEDの点灯にのみ使用します。

g2000-17-320x240

USBコネクタを接続した状態です。

g2000-18-320x240

暗闇ではこのように光ります。

g2000-19-320x240

今回のゲーミングヘッドセット G2000の重量は、ケーブル抜きで約316gでした。

まとめ

50mmのネオジムドライバーを搭載したことで、存在感のあるゲーミングヘッドセットです。
本体のカラーはブラックとオレンジにより重厚な外観で、USBを接続するとLEDが光ります。

また左のヘッドホンには角度変更が可能なマイクを備え、使用しないときは上に固定可能。
ケーブルの中程に存在するコントローラーを利用すれば、ゲーム中の音量変更も行えます。

しかしその音質は、先日紹介したG9000とほぼ同じ傾向。
爆発系の音がなると迫力はありますが、解像感の無さが目立つうえ定位も優れていない印象です。

マイクの音質も同じ傾向ですから、ボイスチャットの頻度が多い方には向かないと言えそうです。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ