G4000 ゲーミングヘッドセット レビュー

2016年02月17日 [日記]

35mmのネオジウムドライバーを搭載した、ゲーミングヘッドセットのG4000ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B00WX0SNAO
今回の記事では手元で音量調整やマイクのミュートが行える、この商品をレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B00WX0SNAO&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B00WX0SNAO

VersionTech – ゲーミングヘッドセット G4000ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B00WX0SNAO

ポイント

G4000の特長

35mmドライバー
ゲームサウンドのディテールを、クリアに再現できるそうです。
コントローラー
手元でボリューム調整や、マイクのミュートが行えます。
3極対応
パソコンへ接続しやすい、3極ステレオミニプラグ採用です。

商品説明

g4000-01-320x240

本体のヘッドセットは青色ですが、パッケージは赤色です。

g4000-02-320x240

商品内容はヘッドセット、取扱説明書、保証書の3点です。

g4000-03-320x240

ヘッドセットの外観です。

g4000-04-320x240

マイクは脱着できませんが、ある程度の角度変更は可能です。

g4000-05-320x240

ヘッドホンの左側です。

g4000-06-320x240

ヘッドバンドの付近には、メーカーロゴが存在します。

g4000-07-320x240

ヘッドバンドは伸縮に対応しています。

g4000-08-320x240

登頂部のバンドを含め、全体的な素材にはプラスチックを採用しています。

g4000-09-320x240

登頂部のクッションは面積のあるものが1つとなっており、厚みは普通です。

g4000-10-320x240

ヘッドホンの右側です。
左側と同じく、ボタンやダイヤルは搭載されていません。

g4000-11-320x240

イヤーパッドです。

g4000-12-320x240

こちらの厚みも標準的です。

g4000-13-320x240

ケーブルに備えられたコントローラーです。

g4000-14-320x240

側面のスイッチとダイヤルで、マイクのミュートやヘッドホンの音量調整が行えます。

g4000-15-320x240

裏面には何もありません。

g4000-16-320x240

パソコンとの接続は、一般的な3極のステレオミニプラグを利用します。

g4000-17-320x240

USBコネクタは、ヘッドホンの側面やマイクに搭載されたLEDを光らせるために利用します。
LEDを光らせたくない場合には、接続しなくても構いません。

g4000-18-320x240

USBコネクタを接続した状態です。

g4000-19-320x240

暗闇ではこのように光ります。

g4000-20-320x240

今回のゲーミングヘッドセット G4000の重量は、ケーブル抜きで約255gでした。

まとめ

パソコンと接続しやすい3極のステレオミニプラグを採用した、ゲーミングヘッドセットです。
筐体にはブラックとブルーが配色されており、ピンクやレッドのバリエーションも存在します。

また全体的な質感は価格なりですが、耐久性の面ではとくに不安を覚えない設計。
マイクの角度変更やヘッドバンドの伸縮も行え、使用者の好みに対応できます。

さらにケーブルの中程に備えられたコントローラーを利用すれば、ゲーム中の音量調整も可能。
USBコネクタを接続すれば内蔵されたLEDが光るため、ゲームへの没入感を高められます。

ちなみに実際の音質は、これまでの同シリーズ内で比べた限り籠りが減少している印象。
射撃音や爆発音も違和感なく、コストパフォーマンスを考慮すれば良好なレベルに達しています。

しかしマイクの指向性が少なくキーボードやファンの音を拾ううえ、常時ホワイトノイズも存在。
そのほかヘッドバンドを調整しても、頭が大きめの私には側圧が強いように感じました。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ