T513 改良型のQi対応ワイヤレス充電器レビュー

2015年07月21日 [日記]

3つのコイルにより充電範囲が広がった、Qi対応ワイヤレス充電器のT513ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B00MHKIDIC
今回の記事では手触りの良い高品質なゴムで表面を保護した、この商品をレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B00MHKIDIC&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B00MHKIDIC

CHOETECH ワイヤレス充電器 T513ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B00MHKIDIC

レビュー動画

T153のポイント

Qi対応
前回紹介したT511に比べてコイル数が増加し、充電範囲が広がっています。
表面処理
T511同様の素材を採用しているようで、滑らかな手触りです。
スリムサイズ
T511に比べ幅が減少し、高さが増加しています。

商品説明

t513-01-300x225

商品箱は、前回のT511とよく似ています。

t513-02-300x225

商品内容はワイヤレス充電器、USBケーブル、取扱説明書、メッセージカードの4点です。
こちらの構成もT511と同様です。

t513-03-300x225

ワイヤレス充電器本体の表面は高品質なゴムを採用したことにより、マットな質感です。

t513-04-300x225

T513のアクセスランプの位置は、microUSBコネクタ付近に移動しています。
(動画内でmicroUSBコネクタが正面だと案内していますが、本来は奥側に向けるべきです)

t513-05-300x225

T511の底面にあった4つの滑り止めパッドはなくなり、4つの突起に変わっています。

t513-06-300x225

T511とサイズを比較してみました。

t513-07-300x225

T513の幅は、T511と比べ約2cmスリムになったようです。

t513-08-300x225

厚みはほぼ変わらないように見えます。

まとめ

Qi対応端末を便利に充電できる、ワイヤレス充電器です。
T511の後継となる新世代とのことですが、違いはコイル数とサイズにあります。

そのため充電できる範囲は増加していますが、出力電流は同一のため充電時間は変わりません。
そしてコイル数が増加した影響か、実重量が75g(T511)から92g(T513)に変化しています。

またサイズを見ると、幅が減少した一方、高さが増加。
しかし幅よりも高さが増えたほうが、PC周りにおいては設置しやすいと言えるでしょう。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ