RT-USBVA5 USB簡易電圧・電流チェッカーレビュー

2015年07月29日 [日記]

USB機器の間に挟むことで、簡易的に電圧・電流を計測できるRT-USBVA5ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B00MMTNCBQ
今回の記事では電圧値と電流値が2段に同時表示されるため見やすい、この商品をレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B00MMTNCBQ&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B00MMTNCBQ

ルートアール USB簡易電圧・電流チェッカー RT-USBVA5ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B00MMTNCBQ

レビュー動画

RT-USBVA5のポイント

同時表示対応
電圧値と電流値が2段に分かれており、リアルタイムに同時表示できます。
最適化回路内蔵
AndroidとApple端末に対し、最適な状態で充電が行えます。
赤色LED採用
各数値の表示には、明瞭で見やすい7セグメントLEDを採用しています。

商品説明

rt-usbva5-01-300x225

商品は箱に入っておらず、ビニール袋で保護されています。

rt-usbva5-02-300x225

商品内容はUSBチェッカー、取扱説明書、保証書の3点です。

rt-usbva5-003-300x225

USBチェッカーはUSBメモリと見紛うほどの大きさで、実重量も約15gと軽いです。

rt-usbva5-004-300x225

両端にはUSBオス・メスコネクタを搭載しています。

rt-usbva5-005-300x225

USBオスコネクタの付近に、A・D・Iの表記があるスイッチを搭載しています。
上からAndroid・データ通信・iPhoneモードとなっており、それぞれ最適な状態で接続できます。

ちなみにデータ通信モードでは、電圧と電流を計測しながらパソコンとデータ通信が可能です。

rt-usbva5-006-300x225

電流を流した状態です。
周波数が影響するのか、写真では数値を上手く捉えられず、動画では数値がチラツクように見えます。

しかし目視ではしっかり表示されるため、安心して下さい。

まとめ

USBメモリ程度のサイズでありながら、実用的に計測できるUSBチェッカーです。
写真や動画ではうまく伝えることができませんが、LEDの表示は大変視認性が高いです。

また電圧は3.4~8.0V、電流は0~3.0Aまでと、幅広い数値が計測可能な設計。
USBコネクタの工作精度も高く、抜き差しのたびにストレスが貯まることもありません。

きっとパソコン関連の周辺機器を扱う頻度が多い方なら、あって損はないでしょう。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ