T517 光センサー搭載のワイヤレス充電器 レビュー

投稿日:2015年10月7日 更新日:

光センサーを搭載した、充電にケーブルが必要ないワイヤレス充電器のT517ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B013SP22N6


今回の記事ではQiに準拠した全てのデバイスに対応するという、この商品をレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B013SP22N6&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B013SP22N6

CHOETECH T517 ワイヤレス充電器ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B013SP22N6

 

レビュー動画

T517のポイント

Qi対応
ワイヤレス充電の標準規格である、Qiに対応しています。
光センサー搭載
周囲の明るさに応じて点灯する、光センサーを搭載しています。
円形デザイン
ホワイトを基調とした、余計な装飾のない円形デザインです。

商品説明

t517-01-300x225

ワイヤレス充電に対応していることが、わかりやすい商品箱です。

t517-02-300x225

商品内容は充電器、メッセージカード、USBケーブル、取扱説明書の4点です。

t517-03-300x225

充電器本体には円形のデザインを採用しており、Apple製品との親和性に優れています。

t517-04-300x225

充電器本体の外周には、周囲の明るさを感知するという光センサーを内蔵しています。

t517-05-300x225

充電器本体の裏面には滑り止めを備え、不慮のズレを防止します。

t517-06-300x225

充電器本体の背面にはmicroUSB端子を備えており、ここへ付属のmicroUSBケーブルを接続します。

t517-07-300x225

付属のmicroUSBケーブルは、本体と調和するホワイトカラーです。

まとめ

筐体の素材として採用されたアルミが特徴的な、ワイヤレス充電器です。
本体上にQi対応のスマートフォンやタブレットを置くだけで、充電が行えます。

また本体の縁には光センサーを内蔵し、周囲の明るさにより変化する設計。
しかし私の環境では明るいときも暗いときも無反応でしたので、何か条件があるのでしょう。

ちなみに最大出力は5V/1Aと、一般的なQi対応ワイヤレス充電器と同一。
ワイヤレスで充電できる一番の強みは充電速度ではなく、その手軽さにあります。

 

よく読まれている記事

-日記

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2018 All Rights Reserved.