【DHARMAPOINT】DPTM39とDPTM37の違い【マウス】

投稿日:

dptm39-vs-dptm37

復活したDHARMAPOINTの第2弾ゲーミングマウスとして発売される、タクティカルマウスDPTM39。
今回の記事ではこの「DPTM39」と、第1弾ゲーミングマウスである「DPTM37」の違いを解説します。

 

仕様の違い

dptm39-vs-dptm37-01-1

DPTM39 公式ページ DPTM37 公式ページ

内容DPTM39DPTM37
商品名タクティカルマウス39タクティカルマウス37
サイズ(横×縦×高さ)68mm × 124mm × 39mm
センサーPMW3360ADNS-3090
トラッキング解像度100~12,000cpi400~4000cpi
最大加速50G20G
最大スピード250ips60ips
フレームレート12,000fps6400fps
MCUビット幅32bit8bit
USBデータバンド16bits/axis
USBレポートレート125~1000Hz
スリープモードなし
リフトオフディスタンス調整機能あり
ファームウェアアップデート機能あり
マウスフィートPTFE(ポリテトラフルオロエチレン)
ボタン数6個
重量(ケーブル込み)約127g約120g
ケーブル長約1.8m約1.7m
保証期間1年
JANDPTM39RC:4580340468709
DPTM39DS:4580340468716
4580340465494

機能の違い

dptm39-vs-dptm37-02

DPTM39の改良点

  • センサーに「Pixart PMW3360」を採用している
  • メインボタンが「セパレートタイプ」に変更された
  • プロセッサーに「32bit ARM Cortex」を搭載している
  • 設定ソフトの「ダーマコントロール 2.2」に対応している
  • 底面とマウスソールの形状が変わり、汎用ソールに対応している
  • 表面加工の異なる2種類から選べる

表面の違い

DPTM39には、ラバーコートの「DPTM39RC」と、ドライサンドの「DPTM39DS」が存在します。

前者は長時間でもベタつかず、サラリとしなやかな触り心地が特長となっており、

dptm39rc

後者は凸凹のある側面により手汗に強く、高いグリップ力を発揮することが特長です。

dptm39ds

価格の違い

記事作成時点では、新型の「DPTM39」のほうが旧型の「DPTM37」に比べ、約2,000円高いです。

DPTM39

DPTM37

まとめ

  • DPTM39はDPTM37に比べて、センサーの性能が向上している
  • DPTM39はセパレート式のボタンと、交換可能なソール形状を採用している
  • DPTM39はラバーコートと、ドライサンドという2種類の表面加工から選べる
  • DPTM39はDPTM37に比べて、価格が約2,000円高い

引用元:DHARMAPOINT

 

よく読まれている記事

-パソコン

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2019 All Rights Reserved.