【Google】Pixel 6aとPixel 6、Pixel 6 Proの違い【Tensor】

google-pixel-6a-series-tigai-hikaku

驚きの速さとセキュリティを実現した、お手頃価格のGoogleスマートフォンとして発売されるPixel 6a。
今回の記事ではこの「Pixel 6a」と、すでに発売済みとなる「Pixel 6」や「Pixel 6 Pro」の性能を比較します。


Pixel 6aの紹介動画

Pixel 6シリーズの違い

Pixel 6シリーズの違いを、Googleの公式比較表を元にまとめてみました。

Pixel 6シリーズ比較表

性能比較Pixel 6aPixel 6Pixel 6 Pro
価格53,900円~60,988円~108,980円~
カラーSage
Chalk
Charcoal
Sorta Seafoam
Kinda Coral
Stormy Black
Cloudy White
Sorta Sunny
Stormy Black
サイズ6.1インチ6.4インチ6.7インチ
高さ152.2mm158.6mm163.9mm
71.8mm74.8mm75.9mm
厚み8.9mm
重量178g207g210g
解像度1,080×2,4001,080×2,3401,440×3,120
アスペクト比20:919.5:9
リフレッシュレート最大60Hz最大90Hz最大120Hz
カバーガラスCorning Gorilla Glass 3Corning Gorilla Glass Victus
バッテリー標準4,410mAh標準4,614mAh標準5,003mAh
最大駆動時間 ※72時間48時間
ワイヤレス充電-対応
バッテリーシェア-対応
防水&防塵性能IP67IP68
CPUGoogle Tensor
RAM6GB LPDDR58GB LPDDR512GB LPDDR5
ストレージ128GB128GB / 256GB128GB / 256GB / 512GB
背面カメラ1220万画素(広角)
1200万画素(超広角)
5000万画素(広角)
1200万画素(超広角)
望遠カメラ--4800万画素
前面カメラ800万画素1110万画素
モーションモード-搭載
マイク2基3基

※最大駆動時間は、スーパーバッテリーセーバー有効時のもの

シリーズ共通の基本機能

Pixel 6シリーズに共通する「基本機能」をまとめました。

シリーズ共通の基本機能一覧

  • 5Gネットワーク
  • 24ビットフルカラー(1,600万色)
  • コントラスト比1,000,000:1
  • HDRサポート
  • 常に表示状態のディスプレイ
  • 「この曲なに?」機能
  • スナップショット
  • 高輝度モード
  • 24時間以上持続可能なバッテリー
  • 急速充電(ただしPixel 6aのみワイヤレス充電に非対応)
  • 指紋が付きにくいコーティング
  • Google Tensor
  • Titan M2セキュリティコプロセッサ
  • セキュリティコア
  • 指紋認証

シリーズ共通の撮影モード

Pixel 6シリーズに共通する「撮影モード」をまとめました。

撮影モードは全体的に同一ですが、廉価版のPixel 6aは「モーションモードに非対応」です。
またPixel 6aはオートフォーカスに加えて手ぶれ補正機能も、Pixel 6やPixel 6 Proと異なります。

Pixel 6a ⇒ デュアルピクセル位相差検出式オートフォーカス、光学式および電子式手ぶれ補正機能
Pixel 6 / 6 Pro ⇒ LDAF(レーザー検出オートフォーカス)センサー、OIS(光学式手ぶれ補正機能)

シリーズ共通の撮影モード一覧

  • 夜景モード
  • トップショット
  • ポートレートモード
  • 超解像ズーム
  • モーションオートフォーカス
  • Live HDR+
  • よく撮影する人
  • デュアル露出補正
  • シネマティック撮影
  • ウルトラワイドレンズ
  • ポートレートライト
  • 消しゴムマジック
  • リアルトーン
  • 顔のぼかし解除
  • パノラマ
  • 手動によるホワイトバランス調整
  • ロックされたフォルダ

Pixel 6aの利点と欠点

  • CPUに上位と同じく高性能な「Google Tensor」を搭載し、撮影モードもほぼ同一である
  • 高解像度の有機ELを採用し、スーパーバッテリーセーバーを有効にすると最大72時間駆動する
  • 高温で成形された3D複合素材カバーガラスと、テキスチャ加工の合金製フレームを採用している
  • リフレッシュレートが上位に比べて滑らかさに欠ける、最大60Hzまでの対応である
  • カバーガラスが上位に比べて耐久性で劣る、旧世代の「Corning Gorilla Glass 3」である
  • ワイヤレス充電に加え、他のデバイスを充電できる「バッテリーシェア」に対応していない
  • 防水&防塵性能がIP67準拠に留まり、ストレージが128GBのモデルしか用意されていない
  • オートフォーカスや手ぶれ補正機能が上位ほどではなく、内蔵マイクが3基ではなく2基である

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazonタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062楽天スーパーDEAL

スマホ料金最適化 ⇒ 月額290円でドコモ回線impression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062月額0円でau回線

よく読まれている記事

-スマホ