【iPad Pro】第6世代と第5世代の違い【12.9インチ】

iPad Proの第6世代と第5世代の違い

2022年10月26日に発売される、iPadシリーズの中で最大のサイズとなる12.9インチのiPad Pro(第6世代)。
今回の記事では2022年秋で最新の「第6世代」と、2021年5月21日に発売された第5世代の違いを解説します。

第6世代iPad Proとは?

画期的なパフォーマンスを実現する「M2チップ」を搭載した、12.9インチのiPad Proのことです。
iPadOS 16とApple Pencil(第2世代)の組み合わせにより、ディスプレイの最大12mm上まで検知されます。

第6世代iPad Proとは?

第6世代iPad Proの販売価格

12.9インチのiPad Pro(第6世代)発表時における「販売価格」をまとめました。
Wi-FiモデルとWi-Fi + Cellularモデルの差額は、いずれの容量においても24,000円です。

iPad Pro 6th 12.9"Wi-FiWi-Fi + Cellular差額
128GB172,800円196,800円+24,000円
256GB188,800円212,800円+24,000円
512GB220,800円244,800円+24,000円
1TB284,800円308,800円+24,000円
2TB348,800円372,800円+24,000円

第6世代と第5世代の主な仕様比較

Apple公式の「iPadのモデルを比較する」を元に、第6世代と第5世代の主な仕様を比較しました。
大きな違いはやはり「M2チップ」にあり、CPUで最大15%、GPUで最大35%も性能が向上しています。

iPad Pro 6th 12.9"第6世代第5世代
発売日2022年10月26日(水)2021年5月21日(金)
ディスプレイLiquid Retina XDRディスプレイ
ProMotionテクノロジー / True Tone対応
プロセッサM2チップM1チップ
リアカメラ12MP広角カメラと10MP超広角カメラ
フロントカメラ12MP
TrueDepthカメラシステム(超広角カメラ搭載)
外部接続Thunderbolt / USB 4対応のUSB-Cコネクタ
通信機能
(Wi‑Fi + Cellularモデル)
超高速のダウンロードとストリーミング
生体認証Face ID
最大ストレージ2TB
Apple Pencil第2世代に対応
Magic Keyboard対応
Smart Keyboard Folio対応

第6世代と第5世代の違い

12.9インチのiPad Proの第6世代と、第5世代の違いについてまとめました。
注意すべきは最下部の「Wi‑Fi 6E対応」にあり、日本国内では利用できない設計です。

第6世代と第5世代の違い

  • 最新のM2チップを搭載したことで、CPUとGPU両方の性能が向上した
  • Apple Pencilによるポイントが強化された(最大で画面の12mm上まで検知される)
  • チップの項目に新しく「100GB/sのメモリ帯域幅」が謳われている
  • ハードウェアアクセラレーテッドにProResとProRes RAWが追加された
  • ProResエンコード/デコードエンジンを搭載した
  • 最大4K / 30fpsのProResビデオ撮影が行える(容量128GBのモデルでは1080p / 30fps)
  • 従来の写真のスマートHDR 3ではなく、写真のスマートHDR 4に対応している
  • 従来のBluetooth 5.0ではなく、Bluetooth 5.3に対応している
  • Wi‑Fi + Cellularの項目から「GSM/EDGE」の記載が排除された
  • Wi‑Fi 6Eに対応している(ただし中国本土と日本以外の国と地域に限り利用可能

第4世代11インチiPad Proの違い

ちなみに「第4世代11インチiPad Proの違い」は、別記事で詳しく解説しています。

【iPad Pro】第4世代と第3世代の違い【11インチ】

2022年10月26日に発売される、タブレットとして使いやすいサイズとなる11インチのiPad Pro(第4世代)。
今回の記事では2022年秋で最新の「第4世代」と、2021年5月21日に発売された第3世代の違いを解説します。

続きを見る

引用元:Apple

お得と出会う季節です! タイムセールを見る

👍 最大10%ポイントアップキャンペーンもあります


スマホ料金最適化 ⇒ 月額290円でドコモ回線月額0円でau回線



-Apple, タブレット