【Apple】iPhone 13 ProとiPhone 13の違い【価格比較】

投稿日:2021年9月17日 更新日:

iphone-13-pro-iphone-13-tigai-kakaku-hikaku

iPhone史上最も先進的で新しいプロカメラシステムを搭載していると謳う、iPhone 13で上位のProシリーズ。
今回の記事ではこの「iPhone 13 Proシリーズ」と、デュアルカメラに留まる「iPhone 13」を比較します。


 

iPhone 13 Proシリーズの特長

iPhone 13 Proシリーズの特長を知るために、まずは「Apple公式の動画」を確認してみましょう。
iPhone 13 Proシリーズなら、より滑らかな映像表示ができ、トリプルカメラが撮影シーンを選びません。

iPhone 13 ProとiPhone 13の基本性能の違い

iPhone 13 Proシリーズと、iPhone 13の基本性能の違いをまとめました。
価格と重量を除けば、iPhone 13 ProシリーズがiPhone 13に劣る点はまずないと言えるでしょう。

iphone-13-pro-camera-system

性能比較iPhone 13 Pro MaxiPhone 13 ProiPhone 13
モデル名A2641A2636A2631
画面サイズ6.7型6.1型
ディスプレイProMotion搭載Super RetinaXDRSuper Retina XDR
CPUA15 Bionic
(6コアCPU+5コアGPU)
A15 Bionic
(6コアCPU+4コアGPU)
カメラトリプルカメラ(望遠対応)デュアルカメラ
ビデオ再生最大28時間最大22時間最大19時間
ビデオ再生(ストリーミング)最大25時間最大20時間最大15時間
オーディオ再生最大95時間最大75時間
筐体素材ステンレススチールアルミニウム
容量128 / 256 / 512GB
1TB
128 / 256 / 512GB
解像度2,778×1,284(458ppi)2,532×1,170(460ppi)
輝度最大1,000ニト(標準)最大800ニト(標準)
78.1mm71.5mm
高さ160.8mm146.7mm
厚さ7.65mm
重量238g203g173g

iPhone 13 Proシリーズが優位な点

  • 最大120Hzに対応したProMotionテクノロジーにより、スクロールや映像表示が滑らかである
  • どちらも同じ「A15 Bionic」というチップだが、ProシリーズはGPUのコア数が1つ多い
  • iPhone 13 Proシリーズは望遠にも対応した、プロカメラシステムを搭載している
  • iPhone 13 Proシリーズは電池持ちが良く、同じ6.1型でもより長く使用することができる
  • 筐体素材にステンレススチールを採用しており、下位のアルミニウムとは質感で勝る
  • 容量に1TBが追加されたため、4Kの動画を撮影する目的でもストレージに余裕がある
  • ただでさえiPhone 13で明るくなった輝度が、iPhone 13 Proシリーズならさらに明るい

iPhone 13 ProとiPhone 13のカメラの違い

iPhone 13 Proシリーズと、iPhone 13のカメラの違いをまとめました。
最も大きな違いは、iPhone 13 Proシリーズは望遠対応の「トリプルカメラ」を搭載していることです。

iphone-13-pro-camera-system-dark

カメラの違いiPhone 13 ProシリーズiPhone 13
望遠ƒ/2.8絞り値-
広角ƒ/1.5絞り値ƒ/1.6絞り値
超広角ƒ/1.8絞り値と120°視野角ƒ/2.4絞り値と120°視野角
光学ズームイン / アウト
光学ズームレンジ
3倍 / 2倍
6倍
- / 2倍
-
デジタルズーム(写真)最大15倍最大5倍
デジタルズーム(ビデオ)最大9倍最大3倍
LiDARスキャナ搭載-
デュアル光学式手ぶれ補正望遠、広角(ビデオも対応)-
レンズ構成6枚(望遠、超広角)
7枚(広角)
5枚(超広角)
7枚(広角)
マクロ写真撮影対応-
Apple ProRAW対応-
ProResビデオ撮影最大4K / 30fps
(128GBモデルのみ1080p / 30fps)
-

iPhone 13 Proシリーズのカメラが優位な点

  • iPhone 13 Proのプロカメラシステムなら、iPhone 13では対応できない望遠撮影が行える
  • より明るい絞り値との組み合わせで、明るさが足りない場所での撮影性能が向上している
  • 光学ズームインと光学ズームアウトに対応しているため、撮影可能なレンジが広い
  • 静止画撮影およびビデオ撮影において、より遠くの被写体をデジタルズームで捉えられる
  • 暗い場所でのポートレート撮影やオートフォーカスに役立つ、LiDARスキャナを搭載している
  • 静止画撮影およびビデオ撮影のどちらでも機能する、デュアル光学式手ぶれ補正を搭載している
  • クリエイターに嬉しい、マクロ写真撮影やApple ProRAW、ProResビデオ撮影に対応している

iPhone 13 Proのカメラ機能紹介動画

iPhone 13 Proのカメラ機能を紹介した動画です。

iPhone 13 ProとiPhone 13の価格の違い

Apple公式の価格を記載しています。

iphone-13-pro-camera-photo-image

iPhone 13 Pro MaxとiPhone 13 Proの比較

Pro同士の比較iPhone 13 Pro MaxiPhone 13 Pro価格差
128GB134,800円122,800円+12,000円
256GB146,800円134,800円+12,000円
512GB170,800円158,800円+12,000円
1TB194,800円182,800円+12,000円

iPhone 13 ProとiPhone 13の比較

上位と下位の比較iPhone 13 ProiPhone 13価格差
128GB122,800円98,800円+24,000円
256GB134,800円110,800円+24,000円
512GB158,800円134,800円+24,000円
1TB182,800円--

iPhone 13とiPhone 12の違い

ちなみに「iPhone 13とiPhone 12の違い」は、別記事で詳しく解説しています。

iphone-13-iphone-12-tigai-kakaku-hikaku-150x150
【Apple】iPhone 13とiPhone 12の違い【価格比較】

2021年9月24日に発売されることが決定した、より優れた性能を持つA15 Bionic搭載のiPhone 13シリーズ。
今回の記事では「iPhone 13」と「iPhone 12」や「iPhone 13 mini」および「iPhone 12 mini」を比較します。

続きを見る

引用元:プレスリリース




無線ルーターの選び方

当サイトでも記事の閲覧数が多く、おそらく今は導入していない家庭を探すほうが難しい無線ルーター。
昨今はコロナによる巣篭もりの影響で、さらに需要が高まる「無線ルーターの選び方」を解説します。

musen-router-wi-fi-6-ipv6-150x150
【実売5千台超え】無線ルーターの選び方【Wi-Fi 6とIPv6対応版】

インターネットの普及に応じて認知度が上がっており、今や導入していない家庭が少ない無線ルーター。
今回の記事ではこれまで5千台以上の無線ルーターを緩く販売してきた私が、簡単に選び方を解説します。

続きを見る

月額無料で使える!

楽天モバイルは利用状況により、電話が使える音声回線であるにもかかわらず「月額無料化」が可能です。
しかも加入から解約まで、全ての手数料が無料となっているためまず損はありません。

この「楽天モバイルを無料で利用する方法」は、別記事で詳しく解説しています。
逆に「安価な月額料金と通信品質を両立したい」という場合には、ドコモの「ahamo」が大変人気です!

rakuten-mobile-free-150x150
【月額無料】楽天モバイルの料金や利点と欠点【アンリミⅥ】

MNO化から行われていた1年間の無料キャンペーンが終了し、契約数が約390万回線に達した楽天モバイル。
今回の記事ではこの「楽天モバイル」で新たに始まった3ヵ月無料キャンペーンと、新料金を解説します。

続きを見る

 

置くだけWi-Fiの決定版!

「オンラインゲームをしない」
「すぐに使いたい」

そんな人にオススメなのが、ホームルーターと呼ばれる「置くだけWi-Fi」です。
これまではWiMAXとSoftBankしかありませんでしたが、ついにドコモから新サービスが始まりました。

ドコモの「home 5G」は他社を下回る月額料金ながら、5Gもしくは4Gでの高速通信に対応しています。
しかも安心のドコモ回線ですから、SoftBank Airと違って快適かつ安定したレスポンスが期待できます。

さらに家族内の回線に「ドコモ光」や「home 5G」がなければ、スマホのプランに応じたセット割引も可能。
自身や家族がSoftBankでない限りは、ドコモのhome 5Gを選ばない理由がないほどの内容だと言い切れます。

快適な置くだけWi-Fiが欲しい ⇒ ドコモのhome 5G
家族がSoftBank回線で固めており、おうち割 光セットを受けていない ⇒ ソフトバンクSoftBank Air
日によって使う場所が変わる ⇒ WiMAX、もしくは楽天モバイル(home 5GやSoftBank Airは住所固定)

000000052130impression?a_id=2846921&p_id=3732&pc_id=9137&pl_id=52130 000000037385impression?a_id=2858471&p_id=2923&pc_id=6722&pl_id=37385

オススメのモバイルルーターは?

「面倒な工事は避けたい」
「家でも外でも使いたい」

よく聞かれるこのような要望に合致するのが、モバイルルーターと呼ばれるお手軽なWi-Fiです。
このWi-Fi業者には「GMOとくとくBB0」や「gifbanner?sid=3152227&pid=886948959BIGLOBE」などがありますが、オススメは楽天モバイルです!

なぜなら「モバイルルーターの本体価格が実質0円」で、端末の導入が必要ないからです。
しかも無料どころか付与される楽天ポイントを考慮すると、実質マイナスで導入できてしまいます。

やはり楽天モバイルは、月間1GB以下なら「何の料金も発生しない」ことが見逃せない大きなメリット。
サービス面や速度面で気に入らなければ、すぐに無料で解約できる点が他の業者の追随を許さない理由です。

rakuten-wifi-pocket-2b-campaign

Rakuten WiFi Pocket 2の詳細を見る

ドコモがあるならdカード GOLD

ドコモの利用料金に応じてもらえるポイントがなんと10倍になるカード、それが「dカード GOLD?ad=00000lqiv000q1n&s=m」です。
さらに1枚無料の家族カードを発行すれば、申込者の家族が受け取るポイントも10倍の10%になります。

?ad=00000t518000q1n

もちろんdカード GOLDの魅力は「10%のポイント還元」だけに留まりません。
「もしかして損をしているのでは?」と気になる方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

d-card-gold-10bai-point-back-150x150
【ドコモ】dカード GOLDで還元率10%超えを狙う方法【特典豊富】

ドコモユーザーなら、持っているだけで利用料金の10%がポイントで還元されるdカード GOLD。
今回の記事ではこの「dカード GOLD」を使い、還元率10%超えを狙う方法について解説します。

続きを見る

 

よく読まれている記事

-スマホ

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2021 All Rights Reserved.