【iPhone 14】1円で使う方法【直irumo】

2024年3月16日

iPhone 14を1円で使う方法

2023年12月27日に電気通信事業法が改正され、割引の厳格化により1円スマホの撤退が危ぶまれた携帯業界。
今回の記事では改正から即座に復活した「1円スマホ」に属する、iPhone 14を1円で使う方法を解説します。

iPhone 15を1円で使う方法

2024年の春商戦でiPhone 14ではなく「iPhone 15」をレンタルするなら、SoftBankがオススメです。
施策の適用にはいくつかの条件があるものの、1年間月額1円でiPhone 15が使える特典は他社にありません。

iPhone 15を安く買う方法

iPhone 15を1年で返却するのが面倒な場合は、MNP・機種変更・新規で割引されるdocomoを推奨します。
例年docomoは端末割引が他社に比べると渋めですが、今回は機種変更と新規の両方で対象な点が熱いです。

とくに後者の新規の場合、auやSoftBankと同じように「22歳以下の子を持つ世帯」でお得に運用できます。

補足として「iPhone 15を安く買う方法」は、別記事で詳しく解説しています。

【iPhone】安く買う方法【SIMフリー】

YouTubeやブログ界隈でよく「最安」だと謳われている、SIMフリーiPhoneで格安SIMを使う組み合わせ。
今回の記事ではこの「SIMフリーiPhone」を、公式のApple Storeよりも安く購入する方法を解説します。

続きを見る

iPhone 14を1円で使う方法

今シーズンにおいてiPhone 14を月額1円で使う方法は、SoftBankまたはdocomoが選択肢となります。
とくに優位なのは後者のdocomoであり、SoftBankに比べて月々のコストを安く抑えることができます。

iPhone 14を1円で使う方法

iPhone 14を1円で使う方法

  • SoftBank ⇒ 他社から「MNP:乗り換え」で契約する(プラン指定あり)
  • SoftBank ⇒ 5歳以上22歳以下で新規契約する(プラン指定あり)
  • docomo ⇒ 他社から「MNP:乗り換え」で契約する
  • docomo ⇒ 22歳以下で新規契約する(直irumo可
  • docomo ⇒ eximoで新規契約する(翌irumo要相談)

直irumoとは?

直irumoとは、docomoへの加入時に指定するプランとして最初から「irumo」が選択できる施策のことです。
irumoは利益率が低いためdocomoは好ましく思っていないようで、大きな割引はeximoでの契約が前提です。

しかし直irumoが可能な場合は最低550円から運用できるため、iPhone 14が月額551円から利用できます。
補足として私の場合は「直irumo」と「翌irumo」を下記のように使い分けています。

直irumo ⇒ 加入直後から550円の契約。eximoは経由しない
翌irumo ⇒ 加入直後はeximoの契約。翌月からirumoに変わる

引用元:Amazon.co.jp

Xperia 10 IVを一括1円で購入する方法

ちなみに「Xperia 10 IVを一括1円で購入する方法」は、別記事で詳しく解説しています。

【Xperia 10 IV】一括1円で購入する方法【SO-52C】

写真も映像も音楽もエンタメを楽しみつくすXperiaとして、2022年7月8日に発売されたXperia 10 IV。
今回の記事ではこの「Xperia 10 IV(SO-52C)」を、一括1円で購入する方法について解説します。

続きを見る

頻繁に更新されます! Amazon 売れ筋ランキングを見る

🛒 売上に基づいた最も人気の商品です




-Apple, スマホ, ニュース