OBSでゲームを録画する方法

2017年12月30日 [環境論]

ゲーム実況用の配信ソフトとして、利用者の多いOBS(Open Broadcaster Software)。
今回の記事ではこのソフトを利用して、任意のウィンドウをローカルへ録画する方法を解説します。

ウィンドウを指定する方法

まず「OBS Studio」を起動して、画像の位置の「プラスマーク」を選択します。

obs-record-01-640x392

次に開かれたメニューから「ゲームキャプチャ」を選択します。
任意のウィンドウを対象にしたい場合には「ウィンドウキャプチャ」でも良いでしょう。

obs-record-02-640x413

追加するソースの名前を「任意」で入力し「OK」を選択します。

obs-record-03

ソースが作成できたら、一番上のモードから「ウィンドウの指定方法」を選択します。

obs-record-04-640x465

ウィンドウの指定方法は全部で3種類ありますが、私は「特定のウィンドウをキャプチャ」が好みです。

obs-record-05-640x465

「特定のウィンドウをキャプチャ」を選択すると、さらにウィンドウを指定する項目が現れます。

obs-record-06-640x465

ここで「任意のウィンドウ」を指定したら、下部のオプションを確認して「OK」を選択します。

obs-record-07-640x465

録画設定の方法

OBS Studioの起動画面左上にある「ファイル」から「設定」を選択します。

obs-record-08-640x393

左から「出力メニュー」「録画タブ」へ進み、出力モードを「詳細」にします。
その後「録画ファイルのパス」や「録画フォーマット」に「エンコーダ」を選択します。

中央下部の「レート制御」と「ビットレート」の部分は、画質に関わる部分です。
ビットレートを上げるほど画質は良くなりますが、録画ファイルも比例して増加します。

obs-record-09-640x505

設定が終わったら起動画面に戻り、画面右下の「録画開始」を選択すると録画が始まります。

obs-record-10-640x392

画質設定について

録画フォーマット

録画フォーマットには「flv / mp4 / mov / mkv / ts / m3u8」の6種類があります。

その中でも基本的には、汎用性の高いmp4をお勧めします。
ただしエラーが起こる場合は、他の録画フォーマットを試しましょう。

エンコーダ

録画フォーマットには「NVENC H264 / QuickSync H264 / x264」の3種類があります。

最も画質を高くできるのは「x264」ですが、PCへの負荷が最も大きくなります。
一方「NVENC H264」や「QuickSync H264」は負荷が少ないですが、画質が悪い傾向です。

レート制御

レート制御には「CBR / VBR / CQP / 無損失」の4種類があります。

良く知られるのは「CBR」と「VBR」で、固定ビットレートと可変ビットレートの関係。
前者は再生負荷と圧縮率が低く、後者は圧縮率が高いためファイル容量を抑えられます。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ