【Office 2019】バージョンの違い【永続ライセンス最終版】

投稿日:2019年1月17日 更新日:

office-2019-version-hikaku

Microsoft Officeの新バージョンとして2019年1月22日より発売される、家庭向けのOffice 2019。
今回の記事では、永続ライセンス最終版となる「Office 2019」のバージョンの違いを解説します。


 

バージョンの違い

どのバージョンでも「OneNote 2019」は付属せず、Microsoft Storeから入手する必要があります。

アプリ名Office Personal 2019Office Home & Business 2019Office Professional 2019
Word 2019
Excel 2019
Outlook 2019
PowerPoint 2019-
Access 2019--
Publisher 2019--

Office Home & Student 2019 for Macには、なぜか「Outlook 2019」が付属していません。

アプリ名Office Home & Student 2019 for MacOffice Academic 2019 for Mac
Word 2019
Excel 2019
Outlook 2019-
PowerPoint 2019

対応OSについて

Microsoft Office 2019には「Windows」で利用できるものと「Mac」で利用できるものがあります。

バージョン名税別価格WindowsMac
Office Personal 201929,800円-
Office Home & Business 201934,800円
Office Professional 201959,800円-
Office Professional Academic 201927,800円-
Office Home & Student 2019 for Mac23,800円-
Office Academic 2019 for Mac16,800円-

販売形態について

プリインストール:購入したパソコンに導入されているバージョン。基本的にライセンスは「1台」です。
POSA:店頭で任意のカードを選択し、レジで有効化するバージョン。使用可能なライセンスは2台です。
ダウンロード:プロダクトキーのみ購入するバージョン。使用可能なライセンスは、POSAと同じ2台です。

バージョン名プリインストールPOSAダウンロード
Office Personal 2019
Office Home & Business 2019
Office Professional 2019-
Office Professional Academic 2019
Office Home & Student 2019 for Mac-
Office Academic 2019 for Mac-

各アプリケーションの価格

複数のソフトウェアが同梱された「スイート版」のほか、各アプリは単独で購入することもできます。

アプリ名税別価格WindowsMac
Word 201914,800円
Excel 201914,800円
Outlook 201914,800円
PowerPoint 201914,800円
Access 201914,800円-
Publisher 201914,800円-
Project Standard 201978,800円-
Project Professional 2019131,800円-
Visio Standard 201937,800円-
Visio Professional 201971,800円-

今後の動向について

マイクロソフトによると、永続ライセンスのバージョンはこの「Office 2019」が最後になるとのこと。
そのため、今後は予約購読や年間購読を表す「サブスクリプション方式」に移行しなければなりません。

もちろんPOSAもしくはダウンロード版であれば、ライセンスを移行することで継続して使用できます。

Office 2019の新機能

記載のアプリケーションは、全て「Microsoft Office 2019」のものです。

Office 2019の新機能

新しく導入された機能WordExcelPowerPointOutlookVisioAccessPublisher
視覚的なインパクトの追加
言語の壁を取り除く
LaTeX の数式のサポート
[変形] で効果を追加する
探している情報をズームで見つける
デジタル ペンを使用してスライド ショーを実行する
新しい関数
最も重要なインク機能
新しいグラフでデータを視覚化
大きい数値 (bigint) データ型
タスクを簡単にリンク
ひと目でわかるタスクの進捗状況
図面を簡単に作成
アイデアを生き生きと表現
アクセシビリティの問題をワンクリックで修正
アクセシビリティの向上に役立つサウンド

まとめ

  • Microsoft Office 2019は、WindowsとMacに対応している
  • Microsoft Office 2019のライセンスは、プリインストール版を除いて2台である
  • Microsoft Office 2019のスイート版は、単独購入に比べて比較的安価である
  • Microsoft Office 2019は、Windows 10のみ対応する
  • Microsoft Office 2019のMac版では、Access 2019とPublisher 2019が利用できない
  • Microsoft Office 2019のプリインストール版は、ライセンスが1台分しかない

プロダクトキーを安く購入する方法

Office 2019の「プロダクトキーを安く購入する方法」は、別記事で詳しく解説しています。

office-2019-buy-product-key-150x150
【Office 2019】プロダクトキーを安く購入する方法【永続版】

次期バージョンから月額制のサブスクリプションになるのではないかと噂されている、Microsoft Office。
今回の記事では一度の購入で永続的に使用可能な「Office 2019」を、安価に購入する方法を解説します。

続きを見る

 

よく読まれている記事

-パソコン

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2019 All Rights Reserved.