【Office 2021】安く購入する方法【鍵屋】

2024年1月15日

Office 2021を安く購入する方法

仕事だけでなく一般家庭における資料作成にも大活躍する、Microsoftの統合ソフトであるOffice 2021。
今回の記事ではこの「Office 2021」の価格比較や、プロダクトキーを安く購入する方法について解説します。

Officeの販売形態の違い

Microsoft Officeはかつて買い切りの「パッケージ版」が主流でしたが、今は「サブスク版」が主流です。

パッケージ版は一度購入すれば追加費用が不要な反面、新バージョンがリリースされても更新できません。
しかしサブスク版であれば月間または年間で費用が必要なものの、新バージョンへすぐに更新できます。

またサブスク版の場合はパッケージ版に比べて利用できる台数が多く、豊富なアプリが利用できます。
ぜひそれぞれの内容を比較して、あなたの用途に合う販売形態でMicrosoft Officeを導入して下さい。

補足として家電量販店に売られているメーカー製パソコンの場合、まずMicrosoft Officeが同梱済み。
そのためあえて追加でMicrosoft Officeを購入する必要がなく、パソコンの不慣れな方に最適です。

ただしそのパソコンに紐づいたライセンス認証が行われているため、ライセンスの譲渡は行えません。
つまり「旧パソコンのMicrosoft Officeを新パソコンに移行する」ことはできなくなっています。

Officeの販売形態の違い

引用元①:すべての Microsoft 365 プラン (旧 Office 365) を比較 - Microsoft Store
引用元②:Microsoft 365 と Office 2021 の違いは何ですか?

Office 2021を安く購入する方法

Microsoft Officeの価格について、サブスク版とパッケージ版を比較しました。
ちなみに現在のパッケージ版とは「インストールディスクが付属しない」認証キーが記載されたカードです。

Microsoft 365 Personal

「Microsoft Officeのサブスク版と言えばこれ」という、確かな評判を有している1年版です。
たびたび開催されるAmazonのセールで割引されることが多く、購入するならその時がオススメです。

Microsoft 365 Family

利用可能人数が1人から最大6人まで増加した、文字通り家族向けの共有・共同作業に便利でお得な商品です。
付属のクラウドストレージも1人1TBの容量で変化なく、6人を合計するとなんと最大6TBまで利用できます。

Microsoft Office Home & Business 2021

「初めてOfficeの価格を知った人が驚く」という場面を何度も目撃してきた、所謂パッケージ版です。
ざっくり3年以上利用するのであればサブスク版よりお得ですが、Officeはだいたい3年で更新が来ます。

Office 2021をさらに安く購入する方法

Office 2021を安く購入する方法として、通称鍵屋で「プロダクトキーを買う」という選択肢もあります。
国内であれば「Yahoo!ショッピング」が挙げられ、Office 2021で検索すると該当のショップがヒットします。

Office 2021をさらに安く購入する方法

海外であれば私のサイトの場合「G2A」や「consogame」へのアクセスが、数多く確認できます。
ただしこれらの販売形態はMicrosoftがサポートしていないため、全て「自己責任」で行って下さい。

Office 2021をさらに安く購入する方法-2

アカウントなしのインストール方法

ちなみに「アカウントなしのインストール方法」は、別記事で詳しく解説しています。

【Office】アカウントなしのインストール方法【直リンク】

かなり前からプロダクトキーのみではインストールできず、Microsoftアカウントが必要になったOffice。
今回の記事ではMicrosoftアカウントなしで「Office」をインストールする方法と、直リンクを解説します。

続きを見る

頻繁に更新されます! Amazon 売れ筋ランキングを見る

🛒 売上に基づいた最も人気の商品です




-ニュース, パソコン