PUBGに最適なCPUとは?

2017年10月10日 [PUBG]

いよいよ発売間近、6コア/12スレッド駆動の第8世代CoreプロセッサであるCore i7-8700K。
今回の記事では、Core i7-8700Kを含めた高性能CPUのコストパフォーマンスを算出します。

Core i7-8700Kの仕様比較

Core i7-8700K
Core i7-7700K
Core i7-6700K
世代第8世代第7世代第6世代
コードネームCoffee Lake-SKaby LakeSkylake
コア644
スレッド1288
CPUベース動作周波数3.70 GHz4.20 GHz4.00 GHz
CPU最大動作周波数4.70 GHz4.50 GHz4.20 GHz
キャッシュ12 MB8 MB8 MB
メモリの種類DDR4-2666DDR4-2133/2400
DDR3L-1333/1600 @1.35V
DDR4-1866/2133
DDR3L-1333/1600 @1.35V
内蔵GPUUHD Graphics 630HD Graphics 630HD Graphics 530
GPUベース動作周波数350 MHz350 MHz350 MHz
GPU最大動作周波数1.20 GHz1.15 GHz1.15 GHz
対応ソケットLGA1151LGA1151LGA1151
TDP95 W91 W91 W

変更点

1:コア/スレッド数の増加
2:CPUベース動作周波数が低下し、CPU最大動作周波数が向上
3:キャッシュの増加
4:対応メモリと内蔵GPUの引き上げ
5:GPU最大動作周波数が向上
6:TDPが微増

注意点は対応ソケットで、同じLGA1151表記でありながらマザーボードの流用不可。
Core i7-8700Kの動作には、Intel 300シリーズのチップセットが必要になりました。

そのため現時点では、Core i7-8700KとZ370搭載マザーボードの組み合わせしか選べません。

ベンチマーク比較

コア
スレッド
動作周波数
TDP
流通最低価格
公式設定価格
Core i7-8700K6123.70 ~ 4.70 GHz95W¥35,985$359.00
Core i7-7700K484.20 ~ 4.50 GHz91W¥33,980$339.00
Core i5-8400662.80 ~ 4.00 GHz65W¥18,243$182.00
Ryzen 7 1800X8163.60 ~ 4.00 GHz95W¥53,478$499.00
Ryzen 5 1600X663.60 ~ 4.00 GHz95W¥27,190$249.00

Core i7-8700KとCore i5-8400はまだ流通していないため、2つのCPUの価格は参考値です。
この参考価格の算出には、Core i7-7700Kの最安価格を利用しています。(1$=¥100.236)

また下記比較表におけるパーセンテージは、Core i7-7700Kを基準とした場合の増減率を、
CPは1fpsあたりのコストを表しており、低いほどコストパフォーマンスに優れていると言えます。

そして右端の揺らぎは最高fpsから最低fpsを引いた数値で、安定度や快適性の指標に。
あまり揺らぎが大きいCPUは、滑らかな場面とカクつく場面の差を感じやすいでしょう。

WQHD

最低fps
最高fps
平均fps
揺らぎ
Core i7-8700K89%104%97%22.0 fps
Core i7-7700K100%100%100%10.9 fps
Core i5-840089%102%96%20.9 fps
Ryzen 7 1800X96%95%95%9.6 fps
Ryzen 5 1600X96%94%95%8.6 fps

全てのCPUが6コア以上のためか、Intel CPU群とAMD CPU群で似たような結果に。
第8世代のCoffee Lake-Sは第7世代のKaby Lakeよりも最高fpsで勝り、最低fpsで劣ります。

注目すべきはRyzen 5 1600Xの最低fpsで、安価ながらRyzen 7 1800X以上の数値を見せています。

フルHD

最低fps
最高fps
平均fps
揺らぎ
Core i7-8700K37%98%70%77.8 fps
Core i7-7700K100%100%100%17.7 fps
Core i5-840044%95%72%67.4 fps
Ryzen 7 1800X91%93%92%18.3 fps
Ryzen 5 1600X73%93%83%36.0 fps

WQHDに比べて負荷が少ないぶん、5つのCPU全てで最高fpsが向上しています。

その一方でCore i7-8700KとCore i5-8400の最低fpsは大きく減少し、プレイに支障が出る水準に。
これはソース元に記載があるとおり、PUBGがCoffee Lake-Sに最適化できていないためでしょう。

とはいえフルHDの数値がWQHDの数値よりも低い点が不可解ですが、今後の改善に期待したいところ。
少なくとも今のところPUBGを目的とした場合には、Coffee Lake-Sの導入を回避すべきだと言えます。

コストパフォーマンス

WQHD

CP(最低fps)
CP(最高fps)
CP(平均fps)
Core i7-8700K¥571¥423¥486
Core i7-7700K¥479¥415¥444
Core i5-8400¥290¥217¥248
Ryzen 7 1800X¥786¥689¥735
Ryzen 5 1600X¥400¥355¥376

全ての項目において、Core i5-8400が最も優秀なコストパフォーマンスです。
反対にコストに対してフレームレートが低いCPUは、Ryzen 7 1800Xです。

フルHD

CP(最低fps)
CP(最高fps)
CP(平均fps)
Core i7-8700K¥973¥313¥474
Core i7-7700K¥343¥291¥315
Core i5-8400¥415¥164¥235
Ryzen 7 1800X¥594¥494¥539
Ryzen 5 1600X¥378¥252¥302

最低fpsのみCore i7-7700Kが首位ですが、それ以外はCore i5-8400が勝ります。
反対にコストパフォーマンスが低いCPUは、WQHDと同様にRyzen 7 1800Xです。

総評

今選択すべきCPUとして、私は最低fps・最高fpsともに安定しているCore i7-7700Kを推します。
次点で将来性と費用対効果を評価し、$182で販売される予定となっているCore i5-8400でしょうか。

なぜなら5つのCPUの中で最もコストパフォーマンスに優れ、最高fpsも充分。
もちろん前述の通り、PUBGへの最適化が進むことを前提とした話であることをお忘れなく。

引用元:4Gamer.net


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ