【R6S】スマッシャー攻略

2018年2月27日

期間限定イベントのOutbreakに登場する敵キャラクターの中で、優れた耐久力を持つスマッシャー。
今回の記事ではこのスマッシャーに対する2つの対策方法と、バックスタブについて解説します。

目次



対角法

まず自身とプレイヤーでスマッシャーを挟み「狙われていない側のプレイヤー」が銃撃します。

銃撃によりスマッシャーの方向が変更されたら「先ほど対面していたプレイヤー」が銃撃します。

これをスマッシャーがダウンするまで繰り返します。

対角法(高度付き)

まず自身とプレイヤーのどちらかが「スマッシャーが登れる高度」に位置取ります。
そしてふたりでスマッシャーを挟み「狙われていない側のプレイヤー」が銃撃します。

銃撃によりスマッシャーの方向が変更されたら「先ほど対面していたプレイヤー」が銃撃します。

前述の方法と同様に、これをスマッシャーがダウンするまで繰り返します。
通常の対角法に比べると、登ろうとする動作のぶんだけ安全に銃撃できる時間が増加します。

バックスタブ

まずプレイヤーのひとりが、スマッシャーの進行方向に位置取ります。
この時に注意すべき事は、プレイヤーの背に障害物を存在させることです。

つぎに突進をしてくるまで、充分にスマッシャーを引きつけます。
もし突進をしそうにない場合は、障害物を背にしながら別の方向へと移動します。

そして突進をしてきた場合には、スマッシャーの側面に回り込みます。

それから素早くスマッシャーの背面に回りこみ、バックスタブを発動します。

バックスタブの発動方法は、充分に距離を縮めたのちに「近接攻撃」です。

ちなみにバックスタブにおいて注意することは、スマッシャーが体勢を崩しているか否か。
障害物に激突する前に突進を止めた場合には、バックスタブは発動せず反撃を受けることになります。

プレイ動画



-R6S