【楽天モバイル】10分(標準)通話かけ放題は得なのか?【月額料金】

rakuten-mobile-10min-standard-free-call

OS標準アプリでの1回10分以内の国内通話がかけ放題となる、楽天モバイルの10分(標準)通話かけ放題。
今回の記事ではこの「10分(標準)通話かけ放題」をお得に使える方法と、月額料金について考えます。


10分(標準)通話かけ放題とは?

2021年8月27日に提供が開始された、楽天モバイルの「オプションサービス」のことです。
OS標準アプリでの1回10分以内の国内通話がかけ放題となり、10分以内の通話なら料金請求がありません。

また同オプションには「国内でのSMSが送信し放題」というサービスも付いてきます。
こちらはOS標準のメッセージアプリや、SMSの国内での送信料が無料になるというものです。

どちらもAndroidでRakuten Linkを利用する場合には、メリットを受けにくいという欠点があります。
しかしiOSで「標準アプリ」を多用するのあれば、面倒が少なく役立つシーンも多いのではないでしょうか。

rakuten-mobile-10min-standard-free-sms

引用元:10分(標準)通話かけ放題

無料アプリのRakuten Linkとは?

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」と「対応端末」の組み合わせで利用可能な、無料アプリのことです。
スマホに内蔵されている標準アプリではなくRakuten Linkを使うことで、通話料金無料が実現できます。

両方がRakuten Link ⇒ Rakuten Link同士は通話もメッセージも無料

rakuten-mobile-rakuten-link

引用元:Rakuten Link

相手がRakuten Link以外の場合

通話やメッセージおよび利用シーンで条件が異なるため、こちらのページをご覧ください。

Rakuten Linkの利点と欠点

無料アプリである、Rakuten Linkの「利点と欠点」をまとめました。

  • 相手がRakuten Linkなら、通話もメッセージも無料となる
  • 相手がRakuten Link以外でも、相手が国内なら無料となる
  • 標準アプリに比べて、無料となる利用シーンが多い
  • そもそもRakuten Link非対応の端末が存在する
  • 標準アプリに比べて、通話時の音質が悪くなる
  • Android版とiOS版の仕様が異なり、iOS版は総じて制限が多い

10分(標準)通話かけ放題の利点と欠点

通話オプションである、10分(標準)通話かけ放題の「利点と欠点」をまとめました。
Rakuten Linkでは対応できず標準アプリを多用しなければならないiOS版の場合は、加入を検討すべきです。

  • 1回10分以内の国内通話がかけ放題のため、10分を超えなければ料金が加算されない
  • Rakuten Linkを経由しないため手軽であり、Rakuten Linkよりも高音質が期待できる
  • 国内でのSMSが送信し放題も付いてくるため、気兼ねなくSMSが使えるようになる
  • 10分かけ放題は国内通話が対象であるが、一部対象外のダイヤルがある
  • 10分を超過すると30秒22円の通話料が発生し、オプション加入による割引がない
  • SMSが送信し放題は日本国内へのSMS送信が対象であり、海外への送信は対象とならない

10分(標準)通話かけ放題は得なのか?

結果から言うと、10分(標準)通話かけ放題は「下記条件に該当するならお得」だと言えるでしょう。

10分(標準)通話かけ放題が適する条件

  • Rakuten Linkを導入できない端末を使っている
  • Rakuten Linkを導入しているが、制限が多いiOSである
  • Rakuten Linkは音質が悪いため、常用したくないと考えている

10分(標準)通話かけ放題の料金サンプル

楽天モバイルの10分(標準)通話かけ放題は、月間データ容量に左右されることなく加入できます。
つまり毎月のデータ容量を1GB未満に押さえれば、10分(標準)通話かけ放題の回線が月額1,100円です。

データ利用量基本料金10分カケホ合計月額
~1GB0円
(1回線目のみ)
+1,100円1,100円
~3GB1,078円2,178円
~20GB2,178円3,278円
20GB~3,278円4,378円

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazon.co.jpのタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062

よく読まれている記事

-スマホ