【120Hz】リフレッシュレートを設定する方法【144Hz】

refresh-rate-settings

ゲーミングディスプレイを導入したら、まず確認すべきリフレッシュレート(垂直走査周波数)の設定。
今回の記事ではこの重要な「リフレッシュレート」を、Windowsの設定画面から変更する方法を解説します。


リフレッシュレートとは?

リフレッシュレートとは、パソコンと接続したディスプレイが「1秒間に書き換える映像の数」です。
標準的な60Hzなら1秒間に60回、ゲーミング向けの120Hzなら1秒間に120回書き換えるためより滑らかです。

リフレッシュレートの有効性

リフレッシュレートの高い液晶ディスプレイを導入すると、ゲームの快適さが大きく向上します。
とくに60Hzから120Hzもしくは60Hzから144Hzへの変更は体感しやすいと言われ、60Hzには戻れないとも。

また市場には144Hzを超える240Hz以上のディスプレイもあり、さらにスムーズな映像描画が可能です。
ただしゲームにおいて高いリフレッシュレートを維持するには「高性能なCPUとGPU」が要求されます。

例え240Hzのディスプレイを用意したとしても、パソコンの性能が追いつかなければ宝の持ち腐れです。

リフレッシュレートの変更方法

リフレッシュレートの確認や変更を行うには、まずデスクトップを「右クリック」します。
そして表示されるメニューの中から、下から2番目の「ディスプレイ設定」を選択します。

refresh-rate-settings-1

つぎにディスプレイの設定が表示されたら、画面を下へスクロールします。

refresh-rate-settings-2-1

Windows HD Colorと拡大縮小とレイアウトの下にある「マルチディスプレイ」を探します。
無事マルチディスプレイが見つかったら「ディスプレイの詳細設定」を選択します。

refresh-rate-settings-3

ディスプレイの詳細設定が開いたら、画面下にある「ディスプレイ1のアダプターのプロパティを表示します」を選択します。

refresh-rate-settings-4

最後に「モニタータブ」から画面のリフレッシュレートに進み、設定可能な最大値を指定すれば完了です。

refresh-rate-settings-5

ゲーム内での設定

これは「CoD:BOCW」の設定画面ですが、ほとんどのゲームはビデオやグラフィックの項目に「リフレッシュレート」に関する設定があるはずです。
このリフレッシュレートの項目を見つけたら「設定できる最大値」もしくは「無制限」を選択します。

cod-bocw-refresh-rate

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazonタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062楽天スーパーDEAL

おすすめメーカーやクーポンセールも ⇒ ゲーミングデバイス祭りimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062

よく読まれている記事

-ゲーム, パソコン