【Radeon】Ryzen 7 3700UとCore i7-8565Uの違い【Vega 10】

投稿日:2019年11月15日 更新日:

ryzen-7-3700u-core-i7-8565u-hikaku

Intel CPUの供給不足の影響か、Microsoft Surface Laptop 3やノートパソコンへの搭載が見られるRyzen。
今回の記事では、AMDの「Ryzen 7 3700U」とIntelの「Core i7-8565U」との性能の違いを比較します。


 

CPUの性能比較

Ryzen 7 3700UとCore i7-8565Uは、どちらも4コア8スレッドに対応した「モバイル向けのCPU」です。
ただしCore i7-8565Uのほうがより低い基本動作周波数と、より高い最大動作周波数で駆動する設計です。

一方Ryzen 7 3700Uは10コアのRadeon Vega 10 Graphicsを搭載しており、ゲーミング性能が期待できます。

性能比較Ryzen 7 3700UCore i7-8565U
コア4コア
スレッド8スレッド
CPU基本動作周波数2.3GHz1.8GHz
CPU最大動作周波数4.0GHz4.6GHz
L3キャッシュ合計4MB8MB
最大メモリー速度DDR4-2400DDR4-2400
LPDDR3-2133
最大メモリーチャネル数2ch
内蔵GPURadeon Vega 10 GraphicsIntel UHD Graphics 620
GPU基本動作周波数?300MHz
GPU最大動作周波数1400MHz1150MHz
対応ソケットFP5FCBGA1528
TDP15W

実機ベンチマーク比較

各CPUごとに1台、合計2台の実機サンプルを用いて、Cinebench R20とPCMark 10のスコアを計測しています。

ただしCPU以外の構成が同一でないため参考値に過ぎず、CPUの性能を正確に表すものではありません。
そして最も右の増減率とは、Core i7-8565Uを基準とした性能比を表します。

サンプル仕様比較

仕様比較Ryzen 7 3700UCore i7-8565U
OSWindows 10 Home 64bit
メモリ8GB
グラフィックRadeon Vega 10 GraphicsIntel UHD Graphics 620
ストレージ256GB SSD(NVMe)512GB SSD(NVMe)

Cinebench R20

第一の検証である「Cinebench R20」を利用したベンチマークでは、Ryzen 7 3700Uが「約17%優位」に。
その反面シングルコアではスコアが逆転し、Ryzen 7 3700Uに比べてCore i7-8565Uが約15%優位です。

Cinebench R20Ryzen 7 3700UCore i7-8565U増減率
マルチコア15071293+17%
シングルコア381447-15%

ryzen-7-3700u-core-i7-8565u-hikaku-cinebench-graph-1

ryzen-7-3700u-core-i7-8565u-hikaku-cinebench-1

PCMark 10

第ニの検証である「PCMark 10」を利用したベンチマークでは、Ryzen 7 3700Uが「約1%劣位」に。

とはいえ、どちらの結果も「GRAPHICS CARD IS NOT RECOGNIZED」の表示付き。
これはソフトやドライバの更新で解消されなかったため、本来の性能が発揮されていない可能性があります。

PCMark 10Ryzen 7 3700UCore i7-8565U増減率
総合スコア41494204-1%
基本性能81759111-10%
アプリ起動速度1031612369-17%
ビデオチャット761076250%
 ウェブブラウジング69608021-13%
ビジネスアプリ66346910-4%
表計算80777819+3%
ワープロ54496107-11%
コンテンツ制作35743203+12%
写真編集52754084+29%
映像編集27464106-33%

ryzen-7-3700u-core-i7-8565u-hikaku-pcmark-graph-1

ryzen-7-3700u-core-i7-8565u-hikaku-pcmark

ゲーミング性能比較

定番ベンチマークの3DMarkに加え、国内でプレイヤーの多い2種類のオンラインゲームで検証しました。
ちなみにファイナルファンタジーXIVの高品質と標準品質は「ノートPC設定のこと」を表しています。

――双方を比較すると、Radeon Vega 10 Graphicsを搭載しているRyzen 7 3700Uが全体的に優勢です。

Ryzen 7 3700Uは検証に使用した全てのベンチマークでCore i7-8565Uを上回っており、ファイナルファンタジーXIVすら画質を落とせば快適にプレイできます。

その一方、Core i7-8565UはファイナルファンタジーXIVの1080pにおいて「設定変更が必要」との表示。
標準設定(ノートPC)に変えても「普通評価」ですから、画質はもちろん解像度の変更も行わければなりません。

ベンチマーク設定Ryzen 7 3700UCore i7-8565U増減率
Night Raid 1.0-86385595+54%
Sky Diver 1.0-80614657+73%
Cloud Gate 1.1-101658836+15%
ドラゴンクエストX 1.51最高品質65435011+31%
ファイナルファンタジーXIV1080p 最高品質19541121+74%
1080p 高品質27021643+64%
1080p 標準品質35282287+54%

※Core i7-8565Uの標準設定結果

core-i7-8565u-ff14-benchmark

Ryzen 7 3700U搭載PCを探す

 

よく読まれている記事

-パソコン

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2019 All Rights Reserved.