【性能比較】Ryzen 7 4700UとCore i7-10710Uの違い【ベンチマーク】

投稿日:2020年7月17日 更新日:

ryzen-7-4700u-core-i7-10710u-hikaku-benchmark

モバイル向けCPUとして登場した8コア/8スレッドのRyzen 7 4700Uと、6コア/12スレッドのCore i7-10710U。
今回の記事ではこの2つの性能の違いを、Cinebenchや3DMarkなどのベンチマークを利用して比較します。


 

CPUの性能比較

Ryzen 7 4700Uはコア数に優れる反面、Core i7-10710Uはスレッド数と最大クロック数で優れています。
また300MHzで表記しているCore i7-10710Uのグラフィックス周波数は「最大1150MHz」まで上昇します。

ryzen-7-4700u-core-i7-10710u-cpu-z-info

性能比較Ryzen 7 4700UCore i7-10710U
CPUコア数8コア6コア
スレッド数8スレッド12スレッド
基本クロック2.0GHz1.1GHz
最大ブースト・クロック4.1GHz4.7GHz
L3キャッシュ合計8MB12MB
プロセスTSMC 7nm FinFET14nm
ソケットFP6FCBGA1528
PCI ExpressバージョンPCIe 3.0
最大メモリー速度DDR4-3200
LPDDR4-4266
DDR4-2666
LPDDR3-2133
LPDDR4-2933
内蔵グラフィックスRadeon GraphicsIntel UHD Graphics
グラフィックス周波数1600MHz300 ~ 1150MHz
デフォルトTDP/TDP15W15W

CPUベンチマーク比較

毎回性能比較の慣例となっている「Cinebench」と「CPU-Z」のベンチマーク結果です。
増減率を比べると、Ryzen 7 Extreme Editionが「Cinebench R20(Multi)で約97%優位」です。

ただしCPU-Z(Multi)で比べると、シングルコアの差とほぼ同等の約22%優位となっています。

ryzen-7-4700u-core-i7-10710u-cinebench

ryzen-7-4700u-core-i7-10710u-cpu-z-benchmark

CPU性能比較Ryzen 7 4700UCore i7-10710U増減率
Cinebench R20(Multi)28381444+97%
Cinebench R20(Single)471419+12%
CPU-Z(Multi)3683.43012.1+22%
CPU-Z(Single)512.2425.1+20%

GPUの性能比較

左の画像が、Ryzen 7 4700Uに内蔵されている「Radeon Graphics」の情報です。
右の画像が、Core i7-10710Uに内蔵されている「Intel UHD Graphics」の情報です。

ryzen-7-4700u-core-i7-10710u-gpu-z

GPU性能比較Ryzen 7 4700UCore i7-10710U
GPU名Radeon GraphicsIntel UHD Graphics
GPUコアRenoirComet Lake GT2
プロセス7nm14nm
ダイサイズ156mm²154mm²
トランジスタ数9800M?
ROP数8
TMU数2816
シェーダー数44824
ピクセルフィルレート12.8GPixel/s9.2GPixel/s
テクスチャフィルレート44.8GTexel/s18.4GTexel/s
メモリ種類DDR4
メモリインターフェイス128bit
メモリ容量512MB?
メモリ帯域幅42.7GB/s42.6GB/s
ブーストクロック-1150MHz
ベースクロック1600MHz300MHz

実機サンプル仕様比較

比較対象の実機サンプルには似通ったスペックのものを用意していますが、あくまで別個体。
そのため記事内の全てのベンチマークは、参考値として認識して頂くようお願いいたします。

仕様比較Ryzen 7 4700U搭載PCCore i7-10710U搭載PC
OSWindows 10 Home 64bit
メモリ8GB(DDR4-2666 4GB×2)
SSD256GB SSD(NVMe)1TB SSD(NVMe)
GPURadeon GraphicsIntel UHD Graphics
ディスプレイ15.6型
解像度1,920×1,080

ゲーミング性能比較

GPUベンチマークを比較すると、Ryzen 7 4700Uが「Night Raidで約116%優位」です。
全体的な傾向を見ると、より新しい技術を使っているソフトほど顕著に性能差が現れるようです。

ryzen-7-4700u-core-i7-10710u-ff14-benchmark

GPU性能比較Ryzen 7 4700UCore i7-10710U増減率
Night Raid115215334+116%
Sky Diver99394648+114%
Cloud Gate171448784+95%
Ice Storm Extreme7659046070+66%
Ice Storm9042162732+44%
ドラゴンクエストX(1080p)69804897+43%
ファイナルファンタジーXIV(1080p)22981142+101%

総合性能比較(PCMark 10)

パソコンの総合的な性能を測定する目的で用いられる、ベンチマークソフト「PCMark 10」のデータです。
総合スコアで比較するなら、Ryzen 7 4700UがCore i7-10710Uに対して「約17%優位」です。

Ryzen 7 4700Uは「レンダリング」「写真編集」「コンテンツ制作」の順で、Core i7-10710Uに勝ります。

ryzen-7-4700u-core-i7-10710u-pcmark-10

PCMark 10Ryzen 7 4700UCore i7-10710U増減率
総合スコア51254388+17%
基本性能95679701-1%
アプリ起動速度1235414187-13%
ビデオチャット86137964+8%
ウェブブラウジング82308082+2%
ビジネスアプリ76647383+4%
表計算95548279+15%
ワープロ61486585-7%
コンテンツ制作49823201+56%
写真編集72704061+79%
レンダリング47252014+135%
映像編集36014012-10%




無線ルーターの選び方

当サイトでも記事の閲覧数が多く、おそらく今は導入していない家庭を探すほうが少ない無線ルーター。
昨今はコロナによる巣篭もりの影響で、さらに需要が高まる「無線ルーターの選び方」を解説します。

musen-router-wi-fi-6-ipv6-150x150
【実売3千台超え】無線ルーターの選び方【Wi-Fi 6とIPv6対応版】

インターネットの普及に応じて認知度が上がっており、今や導入していない家庭が少ない無線ルーター。
今回の記事ではこれまで3千台以上の無線ルーターを緩く販売してきた私が、簡単に選び方を解説します。

続きを見る

便利なUSBケーブル

つい最近、コネクタの先端が「マグネット」になっているUSBケーブルを導入しました。
受け口は常に挿しっぱなしにできますから、日々のスマホ充電で抜き差しする手間を省けます。

Amazonオススメランキング
売れ筋新着人気度ほしい物人気ギフト

人気のデバイス

インターネットを利用して手軽に見られることから、需要が徐々に高まっているストリーミングサービス。
この「Fire TV Stick」なら古いテレビや余ったディスプレイを、多機能なスマートテレビに変えられます。

またキャプチャを用意すれば「HDMIで出力した映像を録画すること」もできるのです。

人気のゲーミングPCまとめ

ショップ名ブランド名主なコラボチームやコラボプレーヤー
マウスコンピューターG-TuneDetonatioN Gaming / G-STAR Gaming
AXIZ / Unsold Stuff Gaming / YOSHIMOTO Gaming
パソコン工房
0
LEVEL∞JUPITER / Crazy Raccoon / 父ノ背中
EAM αD ESPORTS / 令和ゲーミング
ドスパラGALLERIADETONATOR / Nephrite
フロンティアFRONTIER GAMERSLibalent / Zoo Gaming
アークarkhiveSunSister
ツクモeX.computer-

今人気のゲームランキングを見る

話題のゲームをお得に購入してみる

 

よく読まれている記事

-パソコン

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2021 All Rights Reserved.