SteamのBig Pictureモードとは?

2018年01月11日 [ゲーム]

steam-big-picture-640x360

ゲームコントローラーでの操作に最適化された、ユーザーインターフェイスのBig Pictureモード。
今回の記事ではBig Pictureモードへの切り替え方法と、ゲームの起動方法について解説します。

必要なもの

Big Pictureモードの操作は、マウスとゲームコントローラーの両方に対応しています。

とはいえアイコンが大きく強調されるなど、ゲームコントローラーに最適化されていることは事実。
そのため必須ではありませんが、ゲームコントローラーを用意するとより快適に操作できるでしょう。

ちなみにSteamが公式でサポートをしているのは、XboxコントローラーPS4コントローラーです。
とくに抵抗がなければ前者のXboxコントローラーを選んでおくほうが、戸惑うことが少ないです。

なぜならゲームによっては、ゲーム内のボタン表示にXboxコントローラーを採用しているため。
PS4コントローラーでも操作は可能ですが、表示されるボタンに差違があるため混乱しがちです。

例:PS4コントローラーを接続しているにも関わらず、Aボタン・Bボタン・Yボタンなどが表示される。

steam-big-picture-5-640x360

steam-big-picture-6-640x360

Big Pictureモードとは?

Steam起動後に右上のアイコンを選択することで移行可能な、ユーザーインターフェイスのことです。

steam-big-picture-1-640x427

通常のウィンドウに比べ各種情報が視認しやすくなり、ゲームコントローラーでの操作に最適です。

steam-big-picture-menu-640x360

ちなみにBig Pictureモードを終了する場合は、右上の「歯車アイコン」から行ないます。

steam-big-picture-quit-640x360

ゲームの起動

Steamを「Big Pictureモード」で起動し「ライブラリ」を選択します。

steam-big-picture-2-1-640x360

ライブラリ内から「プレイしたいゲーム」を選択します。

steam-big-picture-3-1-640x360

ゲームタイトルを確認して「プレイ」を選択します。

steam-big-picture-4-1-640x360

Big Pictureモードの無効化

「DUALSHOCK 4」を使用している自身の環境下では、Big Pictureモードを経由した起動が必須です。
そうしなければゲーム内でDUALSHOCK 4が反応せず、マウスやキーボードでの操作を迫られます。

しかしBig Pictureモードの起動は面倒なうえ、これまで行なってきたメニュー操作が非対応。
そのため下記の方法にて「Big Pictureモードの無効化」を試してみました。

まずSteamを起動し、左上のメニューもしくはタスクトレイから「設定」を選択します。

steam-big-picture-disable-01-640x380

続いて「ゲーム中タブ」から「Steam Inputで有効にしたコントローラをデスクトップで使う時は、Big Picture オーバーレイを使用する」のチェックを外せば、Big Pictureモードを経由せずともゲーム内でDUALSHOCK 4が反応するようになりました。

steam-big-picture-disable-02-640x506


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ