【価格比較】Windows 11を安く購入する方法【鍵屋】

windows-11-kakaku-hikaku-kagiya

2021年10月5日にMicrosoftから発売された、次世代のオペレーティングシステムとなるWindows 11。
今回の記事ではこの「Windows 11」のHomeとProの違いや、鍵屋を含めた価格について比較します。


Windows 10と11の違い

新しいWindows 11では操作性に加え、コミュニケーションの手軽さや「セキュリティ」が向上しています。
しかもこのWindows 11は一部の条件を満たすと、従来のWindows 10から無償アップグレードが可能です。

新旧比較表Windows 10Windows 11
Auto HDR
Microsoft Teams からのチャット
デスクトップの整理
DirectStorage
Microsoft Store
Microsoft Teams
新しい絵文字
「フォト」アプリ
シームレスな再ドッキング
スナップ アシスト
タッチスクリーン
高速アップデート
ウィジェット
ARM版 Windows

Windows 11 HomeとProの違い

Windows 11 HomeとProのどちらを選択するかは、個人利用かビジネス利用かが導入を分ける争点です。
Windows 11 Proではデータの暗号化や企業データの保護機能で、より強固なセキュリティを実現します。

また「ビジネスの管理と展開」では、Proだけが搭載している機能が「10種類」も存在します。
これらの機能に希望するものがあるのなら、迷うことなく上位のWindows 11を選択すべきです。

――とはいえ一般家庭で利用するなら、これまでと同じく下位のWindows 11 Homeで充分だと考えます。

保護機能

保護機能の比較Windows 11 HomeWindows 11 Pro
BitLocker によるデバイス暗号化
デバイスの暗号化
デバイスを探す
ファイアウォールとネットワーク保護
インターネット保護
保護者による制限と保護
セキュア ブート
Windows Hello
Windows 情報保護 (WIP)
Windows セキュリティ

ビジネスの管理と展開

ビジネス向けの機能Windows 11 HomeWindows 11 Pro
割り当てられたアクセス
動的プロビジョニング
Azure による Enterprise State Roaming
グループ ポリシー
キオスク モードのセットアップ
ビジネス向け Microsoft ストア
MDM (Mobile device management)
Active Directoryのサポート
Azure Active Directory のサポート
ビジネス向け Windows Update

パッケージ版とDSP版の違い

まずパッケージ版は、インストールするためのメディア(現在はUSBメモリ)が付属したバージョンです。
最も安全ですが最も高価であり、Windows 11ではなぜかMicrosoft公式でしか販売が確認できません。

そのほかのパッケージ版の特徴を挙げるとするなら、柔軟なパーツ変更に対応できること。
インストール後にパソコンのパーツを変えたとしても、ライセンス認証のやり直しがまず要求されません。

つぎにDSP版は、パッケージ版からインストールメディアと無償サポートを取り除いたバージョンです。
自身でMicrosoft公式サイトからインストール用のデータを入手して、パソコンに導入する必要があります。

また一応PCパーツとの同時購入が前提となっており、その製品に「紐付けて利用する」という体裁です。
そのためかパーツ変更を行った際には、前述のパッケージ版に比べてライセンス認証が要求されやすいです。

最後にOEM版やVL版は通常流通していないため、一般的な方法では購入することができないバージョンです。
後述の鍵屋ではこれらに分類されるキーが存在し、何らかのタイミングで認証切れを起こすこともあります。

販売形態比較価格構成変更サポート備考
パッケージ版これが標準対応対応インストールメディアが付属
DSP版少し安い一応対応なしPCパーツとの同時購入が前提
OEM版さらに安い不明なし通常流通していない
VL版最も安い?不明不明企業専用ライセンス

DSP版の価格を見る

Windows 11の価格が調査しやすいよう、各ショップにボタンひとつで移動できます。

Windows 11 Home

Windows 11 Pro

鍵屋とは?

パッケージ版やDSP版と違い、認証に使うプロダクトキーやシリアルキーのみを販売するショップです。
流通コストがないため安価かつすぐに利用が可能ですが、中にはキーの出所が定かでない場合があります。

――そのため基本的には、上記で案内した「DSP版」を購入することをオススメします。

ただしゲームに限っては同じ販売形態でも、キーの出所が確かな「リセラー」も存在します。
リセラーと鍵屋は混合されがちですが、全く異なるものですから認識間違いに注意しましょう。

補足として「正規販売店と鍵屋の違い」は、別記事で詳しく解説しています。

omakuni-retailer-kagiya-tigai-omane-150x150
【おま国】正規販売店と鍵屋の違い【おま値】

ゲームの購入が可能なGamesplanetやHumble Bundleのような正規販売店と、G2AやKinguinのような鍵屋。
今回の記事ではこれら2つの違いに加え、しばしば話題となる「おま国」や「おま値」について解説します。

続きを見る

コストを最重要視する場合

導入費用を限りなく低下させたい場合に、万が一のリスクを覚悟して利用してください。

Yahoo!ショッピング

Amazon.co.jpや楽天市場に並ぶほどの知名度を誇る、ご存知Yahoo!が運営するショッピングモールです。
有料会員の「Yahoo!プレミアム」に加入したり、SoftBank系のスマホ契約があると還元率がアップします。

windows-11-price-check-yahoo-shopping

Yahoo!ショッピングで価格を見る

consogame

かつてpsngamesという名前で運営されていた、主にゲームのキーを販売するショップです。
しかしWindowsやOfficeなどのソフトウェアが、格安で販売されていることはあまり知られていません。

補足として現在は「ソフトウェア」というメニューが消えているため、ソフトの名前で検索しましょう。

windows-11-price-check-consogame

consogameで価格を見る

G2A

こちらはconsogameよりもさらにゲームをより多く取り扱う、知名度の高いマーケットプレイスです。
ただし個人間でキーのやり取りを行うため、商品ページの内容と販売者の事前確認を欠かしてはなりません。

windows-11-price-check-g2a

G2Aで価格を見る

引用元:Microsoft

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazonタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062楽天スーパーDEAL

おすすめメーカーやクーポンセールも ⇒ ゲーミングデバイス祭りimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062

よく読まれている記事

-パソコン